WiMAXはプロバイダ不要で利用できるか?プロバイダ一覧表と評判を収集ーワイプロ

WiMAXはプロバイダ不要で利用できるか?プロバイダ一覧表と評判を収集ーワイプロ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

1、WiMAXのプロバイダ契約は不要ですが・・

 

WiMAXはUQコミュニケーションズという会社が回線を管理しており、そのUQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)と契約をすれば別途プロバイダ契約を他社と結ばずに、WiMAXを利用する事ができます。

 

UQ WiMAXと契約した場合、解約手続きもUQ WiMAX1社にコンタクトを取れば完結するため入会解約の手間がありません。私も固定回線のプロバイダ契約や解約で面倒な思いをした事があるので、プロバイダ契約が不要のWiMAXはありがたいです。

 

ただし、WiMAXを契約する際はプロバイダを利用した方がメリットがあります。実際にほとんどの方が、UQ以外のプロバイダも検討してから申し込んでいます。

 

早い話がUQ WiMAXから申し込むより、キャッシュバックや月額の割引、端末料金が無料になるなど、キャンペーン特典が手厚く、利用料金が安く済むためです。私も8年の間に6回か7回、WiMAXの端末を変更しましたが都度キャンペーンがいいプロバイダを探して乗り換えました。

 

実際に主要プロバイダとUQ WiMAXの料金表を見比べた方が早いと思います。表は2018年9月に更新しています。

 

プロバイダ名 初期費用 月額1〜2ヶ月 月額3〜12ヶ月目 月額13〜24ヶ月目 月額25〜36ヶ月目 3年間の合計金額 キャッシュバック
UQ WiMAX \3,800 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \160,112 \0
So-net \3,000 \3,380 \3,380 \3,380 \3,380 \124,680 \0
GMOとくとくBB \3,000 \3,609 \4,263 \4,263 \4,263 \114,710 \40,450
Broad WiMAX \3,000 \2,726 \3,411 \3,411 \4,011 \131,626 \0
BIGLOBE \3,000 \2,695 \3,380 \3,380 \4,380 \135,310 \0
nifty WiMAX \3,001 \3,670 \4,350 \4,350 \4,350 \128,141 \30,100
ヤマダ電機 \3,000 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \159,312  
ヨドバシカメラ \3,000 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \159,312  
ビックカメラ \3,000 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \159,312  
auショップ \3,000 \3,696 \4,380 \4,380 \4,380 \159,312  

 

上記の表は3年契約、ギガ放題を選んだ際の料金です。現在は大半のプロバイダが3年縛りをキャンペーンの条件にしてきています。WiMAX 3年契約プランはアリなのか?2年契約と比べたメリットデメリット

 

<このページに書いた事>

 

プロバイダ契約をした方が有利な理由

 

WiMAXはどのプロバイダを利用しても、UQ WiMAXが管理しているWiMAX回線を使うためスピードやサービスエリア、速度制限の基準に差はありません。その上で、プロバイダ契約をするメリットをまとめると

 

1、利用料金が安くなる
2、メールアドレスが発行される
3、申込み・解約手続きはプロバイダ1社のみの手続きでOK

 

※申込みの際も、解約の際もUQ WiMAXに別途連絡をする必要がなくプロバイダ1社とのやり取りで完結します。

 

WiMAXの場合、プロバイダ契約をするデメリットがほとんどなく、またプロバイダ料金を含めてもUQ WiMAXの4,380円より月額が安くなります。ですので、キャンペーンの活用で利用料金を落とせるプロバイダを活用しないともったいないと言うのが現状です。

 

2018年 WiMAXのプロバイダ一覧と各社のキャンペーン状況

 

 

プロバイダから申し込むデメリットや注意点

 

プロバイダを利用するデメリットが全くない訳でななく、プロバイダによって料金も違えばキャンペーン特典、その受取条件が違います。

 

例えば、2万円のキャッシュバックを出す代わりに端末料金を取ったり、キャッシュバックの受取をあえて複雑にして受け取りづらくしているプロバイダもあります。解約手続きに書面のやり取りが必要など複雑なところもあります。

 

その他、注意点としては

  • 今使っているプロバイダ発行のメールアドレスが消滅する
  • キャッシュバック系は2度目以降の契約では適用されない事も
  • オプション契約が前提のプロバイダもある

 

キャンペーンを重視してプロバイダを選ぶのは正解だと思いますが、私はキャンペーン受取の条件と時期、解約手順等は必ず確認するようにしています。

 

WiMAXのプロバイダ間の違い

 

プロバイダ間で差が出る(可能性がある)のは以下の3つです。

 

1、キャンペーン特典・月額料金等のコスト面
2、サポートセンターの対応(大手は大差ない印象)
3、速度(小さいプロバイダはやや不安あり)

 

サポートセンターの対応ですが、どこもマニュアルはしっかりしているがその時電話を取った人の個人差が出る印象です。

 

電話のつながりやすさに関していえば、私の時はUQ とSo-netが良く、BIGLOBEがつながりづらいと感じました。が、これも電話した時の混雑状況や時間帯の差もあるので一概には言えません。

 

各プロバイダのサポートセンターの評判は、オリコンが実施している満足度調査を参考にするといいかなと思います。光回線も含まれた調査ですが、光回線とWiMAXのサポートを一括で受けるプロバイダが一般的ですから参考にはなると思います。オリコン プロバイダの日本顧客満足度ランキング

 

速度に関してはどのプロバイダも同じUQ WiMAXの回線を使うため差は出ないのが建前なのですが、プロバイダによってたくさんのユーザーが一度にWiMAXに接続した時の処理能力に差があります。また、新規端末を扱っていなかったり、新古品を出すプロバイダもありますので要注意です。

 

ですので、キャンペーン特典も大事ですがプロバイダとしての実績が長い大手を選ぶと言う視点も一つの判断材料に私はしています。

 

 

用途別おすすめのプロバイダ

 

キャッシュバック重視・2年契約OKなら GMOとくとくBB


 

GMOとくとくBB

キャッシュバック金額で選ぶのであれば、2年契約3年契約どちらもGMOとくとくBBが最も金額が高いです。

 

また、契約期間を使いきった際の利用料金が最安値になるのもGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは他社のキャッシュバック金額を見てから、その金額を上回るようにキャッシュバック金額を決める傾向がここ数年あります。

 

ただしデメリットもあり、キャッシュバックの受取が複雑でわかっていないとキャッシュバックをもらい損なうリスクがある事、解約の手続きが他のプロバイダより複雑である事です。その2点をしっかり理解しておけば、料金的なメリットが大きいプロバイダです。

 

月額割引なら Broad WiMAX


Broad WiMAX

 

Broad WiMAXはWiMAX以外にもモバイル端末のプロバイダ事業を展開している(株)リンクライフがプロバイダです。現在、利用していますが、マイナーなプロバイダなので当初悩んだのですが、2年間使ってみてUQやBIGLOBE等の大手と全く差はありません。

 

契約期間を使い切った際の、料金の安さで言えばキャッシュバック型のGMOとくとくBBの方が安くつきます。

 

ただし、キャッシュバック型はWiMAX契約後に受取手続きが必要であり、それを忘れるとキャッシュバックをもらえない事。また、キャッシュバックの受取時期が契約から概ね1年後になる事などを考えると、初月から確実にキャンペーンを適用できる月額割引には一定のメリットがあります。
>>Broad WiMAXの現在のキャンペーン特典と注意点
>>Broad WiMAXを利用した方の口コミ・評判

 

キャッシュバックの落とし穴 私が月額割引を選ぶ2つの理由

 

個人の好みはあると思いますが、多少の料金差ならば私は月額割引を選ぶ事にしています。

 

その最大の理由は、何度も書いているようにキャッシュバックの手続きを忘れ、もらい損なう確率は事情を知っている人間でも高いためです。私も2度もらい損ねましたし、某プロバイダの社員に聞いた話だと、キャッシュバックの支給(支払い)率は3割前後と言う話なので、それだけキャッシュバックの受取手続きを忘れる方が多いという事です。

 

プロバイダ側の視点から見ると、キャッシュバックキャンペーンを打つ際は一定数のもらい損ないを計算に入れて予算を組みます。ですので、月額割引と比べて安くなる料金プランが組めるのですが、実際にプロバイダ側の支払金額はキャッシュバック型のキャンペーンを打った方が安く済みます。

 

さらに、キャッシュバックですと支払いが1年以上あとになるため、キャッシュフローのやり繰りを考えても楽です。

 

現在はGMOとくとくBBを除いてほとんどのプロバイダがキャッシュバックをやめて月額割引のキャンペーンに切り替えています。直接の理由はキャッシュバック金額と、広告予算でGMOとくとくBBを上回る事ができないためだと推測されますが、それ以上に月額割引を選ぶ利用者が増えているとも聞きます。

 

プロバイダに取って月額割引のキャンペーンはキャッシュバックより金銭的負担が大きい、裏を返せばユーザーにはメリットがあるという事は知っておいて損はないと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴

ホーム RSS購読 サイトマップ