auのスマホユーザーがWiMAXを利用するメリットと注意点、評判

auのスマホユーザーがWiMAXを利用するメリットと注意点、評判

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

auのスマホユーザーがWiMAXに乗り換えるメリットと注意すべき点

初回公開日:2018年8月12日 最終更新日:2018年9月1日

 

私はauの2年縛りでスマホを使っていましたが、データ通信をWiMAXに変える事で月々の通信費を大幅に落とすことができました。

 

このページではauのデータ通信を使っている方が、WiMAXに乗り換えた際のメリットと、いくつかの注意点をまとめています。また、au以外にドコモやSoftBankのデータ通信を使っている方にも参考になると思います。

 

また、auショップで契約した方とau one net(プロバイダ名)でWiMAXを使っている方の口コミも載せています。

 

1、auのスマホユーザーがWiMAXに乗り換えるメリット

 

1-1. データ容量を無制限にできる

 

ひとつ目のメリットは「データ容量を気にしなくて良い」ということ。現在、auで契約できる最大のデータ容量は30GB(auフラットプラン30GB)で、これ以上のデータ通信を行いたい場合は追加でデータ容量を購入する必要があります。

 

また、auは月の途中で30GBを使いきってしまった場合、月末まで速度制限(128kbps)がかけられる上、直近3日間(当日を除く)で6GB以上使っている場合、一時的に速度が制限される恐れもあります。

 

しかし、WiMAXの場合、通信できるデータ容量に限度は存在しません。

 

そのため、思う存分にインターネットを楽しめます。ただしネットワーク混雑回避のため、直近3日間で10GB以上使った場合に限り、翌日の18時頃から翌2時頃にかけて速度制限(1Mbps)がかけられる場合があるので注意が必要です。といっても、WiMAXは速度制限がかけられても1Mbps出るのでそれほど影響は無いでしょう。

 

ただしWiMAXにも注意すべき点があります。それは「ハイスピードエリアモードを利用した場合」です。ハイスピードエリアモードを利用した場合、月間のデータ容量は7GBに制限されます。7GBを超えた場合、月末まで速度制限がかけられてしまう上、WiMAXに戻しても速度制限は解除されません。WiMAXの速度制限を受けた場合の速度と10GBでできる事

 

1-2. 月額料金を抑えられる

 

2つ目のメリットは「月額料金を抑えられる」という点。現在、auで契約できる最大容量は30GB(auフラットプラン)です。この場合、月々の利用料金は次のようになっています。

 

☆auフラットプラン(スーパーカケホ)30GB
→1回5分以内の国内通話がかけ放題

 

・月額基本料:8,500円
・auスマートバリュー:-1,000円
・スマホ応援割:-1,000円(1年間のみ)
・合計:月7,500円(1年目は6,500円)
☆auフラットプラン(カケホ)30GB
→24時間通話無料

 

・月額基本料:9,500円
・auスマートバリュー:-1,000円
・スマホ応援割:-1,000円(1年間のみ)
・合計:月8,500円(1年目は7,500円)

 

☆auフラットプラン(シンプル)30GB
→20円/30秒の国内通話料

 

・月額基本料:8,000円
・auスマートバリュー:-1,000円
・合計:月7,000円

 

※価格はいずれも税抜

 

このように、30GBといった大容量を契約すると、7,000円から8,500円ほどかかります。実はこの料金、スマートバリューといった名で割引が実施されています。

 

スマートバリューの適用を受けるには、au光+固定電話のプランもセットで契約しなければなりませんので、月々のスマホ料金に、au光の料金が月々5,600円(1年目のみ。2年目は5,500円、3年目以降は5,400円)が上乗せされると考えてください。

 

スマートバリューを利用する場合は、最低でも約12,000円以上かかる計算になります。

 

auのデータ通信をWiMAXに変えた場合の料金

auの契約上、音声通話を使う場合はデータ通信プランを契約している必要があるので、今回は1番小さい1GBで契約したとシミュレーションします。

 

☆auピタットプラン(スーパーカケホ)〜2GB
→1回5分以内の国内通話がかけ放題

 

・月額基本料:3,480円
・スマホ応援割:-1,000円(1年間のみ)
・小計:3,480円(1年目2,480円)

 

☆WiMAX
・月額基本料:4,263円(GMO とくとくBB)

 

※価格はいずれも税抜

 

このような金額になるので、合計すると7,743円(1年目は6.743円)です。au単体(スーパーカケホプラン)と比較すると、月々の差は約5,000円。2年間で約11万円近く変わってくる可能性があります。

 

ちなみに、auピタットプランの場合、使えば使うほどデータ使用料金があがっていきますので必ずWiMAXに接続されているかを確認してください。なお、WiMAXを契約している場合、au光を契約する必要はありません。

 

なぜなら固定回線の代わりにもなる上、スマートバリューが適用されるから。スマートバリューはスマートバリューmineという名称になりますが、適用されるサービスに差はありません。ただし、データ使用量が1GBまでは割引の対象外なので、注意が必要です。

 

また、auスマートバリューとauスマートバリューmineの重複適用は出来ません。この点はよく勘違いが起きやすい部分なので注意しましょう。

 

 

auユーザーがWiMAXに乗り換える際の注意点

 

1、auショップでの契約は控えた方がいい3つの理由

 

1-1. キャンペーン特典がない

WiMAXを利用する際はプロバイダを選ぶ事ができるのですが、WiMAXと言えば各プロバイダがキャッシュバックや月額割引等のキャンペーン合戦を毎月繰り広げています。

 

しかし、店舗オリジナルでWiMAXを契約した方に特典を付けている可能性はありますが、公式上はauショップでWiMAXを契約しても特典は存在しません。ですので、同じWiMAXを使ってもキャンペーン特典がない分、auショップで契約した方が料金面でデメリットが出ます。

 

1-2. 店員が詳しくないケースが多い

2つ目は「店員がWiMAXに詳しくないケースが多い」ということ。店員に料金体系などを聞くと、パンフレットに書いてあること通りのことしか言わなかったり、違う料金を案内されたりするなどトラブルが頻出しているようです。

 

店員が料金を間違える件、これはあくまでも推測ですがWiMAXの名称が似ていることに原因があるかもしれません。実は、auショップで契約する場合WiMAXには2つのプランが存在します。「WiMAX 2+ フラット for DATA」と「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」。これらはほぼ似た名称で、最後に「EX」がついているか否かという違いです。

 

for DATEの方は月々3,696円で使えますが、月間使用上限は7GBと制限がある一方、for DATE EXは月々4,380円でデータ利用量に制限はありません。これらは、WiMAXを展開している各プロパイダのフラットツープラスとギガ放題に相当するものです。このように、WiMAXの契約プランの名称が似ているため、店員が間違えてしまった可能性もあります。

 

もしauショップでWiMAXを契約する場合は、事前に料金体系をリサーチしてある程度固めてから契約しに行くと良いでしょう。また不安な点がある場合は、157などお客様相談センターに電話を掛けて案内を受けてみるのもひとつの手ですね。

 

1-3. auショップで長時間待たされる恐れあり

auショップは混雑していることが多く、特に週末になると待ち時間が数時間に及ぶことも。そのため、WiMAXだけを契約しにいっても、かなりの時間待たされるケースも存在します。実際、土日などは受付から手続きまで2時間かかったこともありました(筆者体験談)。

 

もし、auを利用している場合はau STARというサービスを使って事前にauショップ来店予約をしておきましょう。来店予約をすることで待ち時間を軽減でき、スムーズに手続きを行えます。しかし、来店予約をしても必ずしも待ち時間0分というわけではなく、あくまでも「優先的に手続きを受けられる権利」ですので、待ち時間があることも。その点に注意して予約するようにしましょう。

 

auショップ(au one net)でWiMAXを契約した方の口コミ評判

 

SNS上で口コミがほとんどなかったため、クラウドソーシング(クラウドワークス)を使ってアンケートを取ったものを一部掲載します。

 

スマホのみ使用していて容量が多く使えるとショップの店員から薦められて選びました。料金は妥当だと思います。サポート対応ですが、今のところ利用したことないので分かりません。回線速度は場所によって遅くなるのが気になります。

 

使っている携帯がauでセット割が聞くのでauショップに話を聞きに行って契約しました。電波が悪い場所が多く回線速度が遅くなることが多いです。料金は約4000円でここから携帯とセットで割引になるので満足はしています。

 

工事不要で使えるWi−Fiを使いたかったのですが、様々なWi−Fiを検討した結果、一番親切に説明してくれたauさん(とても美人な方でした)に決めました。電波状況テスト用端末も一週間貸していただき安心して契約できました。

 

料金はもう少し安くなればと思っています。数年利用していますが、トラブル故障は一度もありませんし、料金の件などでお電話した際は、サポート対応などは流石auさんという感じで、キチっとしていて満足しています。速度に関しましては、ブログを書いたり、メールや動画視聴などに使いますが満足しています。

 

元々au携帯を持っていた。当時住んでいた部屋にインターネット回線が無くパソコン用に契約。料金高い割に速度は思っていたより遅くイライラする事も多かった。パソコンも使わなくなり、結局新規で安くタブレットを購入する事が出来たので解約した。携帯と違って違約金の計算方法が複雑なので要注意。

 

口コミにもありますが、料金は他のプロバイダを利用した方が数万円単位で安くなります。WiMAX 各プロバイダの利用料金とキャンペーン特典一覧

 

先ほども述べたようにauショップの店員はWiMAXに詳しくない方も多く、店員に勧められたからといって簡単に契約すると、速度が思ったより出なかったり、電波が入らないなどトラブルが起こるかもしれません。

 

契約前に自分が利用する場所でどの程度の速度が出るかを調べてもらってから契約した方が良いでしょう。調べる方法はトライWiMAXと言うサービスがUQ WiMAXにありますし、口コミを見る感じですとauショップでも場所によってはテスト端末を貸してくれるところもあるようです。

 

また、契約後も自宅等で電波が入らない場合は、8日以内であればWiMAXはクーリングオフ(初期契約解除)が可能ですので、そうなった時はすぐにauショップや契約したプロバイダに契約をキャンセルする旨を伝えましょう。

 

 

auショップがWiMAXの販売に力を入れない理由

 

これはあくまでも推測ですが、その理由として、auショップでは「WiMAXの販売に力を入れていない可能性」が挙げられます。WiMAX(UQコミュニケーションズ)もau(ショップ)も親会社はKDDIですが、別法人です。

 

また、auショップはKDDIが直営しているのではなく、多くが代理店です。そのため、売れば売るほど販売奨励金が店舗に支払われる仕組みになっていますが、auショップではWiMAXを売るよりもスマートフォンを売ったほうが入ってくる奨励金が多いと推察されます。

 

更にスマホを販売した際に、WiMAXを同時に売るよりもデータ通信量の高いスマホプランを組ませた方が、販売店の売上金額は上がります。そういった事情もありで、敢えてWiMAXに特典がつけていないのではないでしょうか。

 

反対に、WiMAXの販売に力を入れているプロパイダにはUQコミュニケーションズ多額の奨励金を支払っており、奨励金を元手にしてプロバイダがキャッシュバックなどの独自の特典をつけて競っています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴

ホーム RSS購読 サイトマップ