Wi-Fi

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

FREE Wi-Fi PASSPORTを使う手順を解説

 

スマホなどのWi-Fi接続画面で、「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」という文字を見た経験はありませんか。外出先でみかけることが多いかと思いますが、安心できるなら利用してみたいですよね。

 

そこで今回の記事では、FREE Wi-Fi PASSPORTの運営会社や使い方、注意点などを解説します。安全に使えるようになるので、ぜひご覧ください。

 

 

FREE Wi-Fi PASSPORTは「訪日外国人向け」のフリーWi-Fi

ソフトバンクのフリーWi-Fiで、2015年から訪日外国人向けに提供を開始しました。百貨店やアミューズメント施設などに導入されていて、英語、中国語、韓国語の3ヶ国語に対応しています。

 

ネットワーク名(SSID)は、2種類あります。

  • 「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」:訪日外国人向け
  • 「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」:日本人でも接続できる

「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」は、「090」「080」「070」で始まる国内キャリアと契約しているスマホなら利用できます。つまり、大手キャリアだけでなく格安スマホ(MVMO)でも問題なく使えます。次は、日本人がFREE Wi-Fi PASSPORTを利用するにはどうすればいいのか解説していきます。

 

日本人がFREE Wi-Fi PASSPORTを利用する手順(動画あり)

接続手順と速度(動画)

 

接続手順(文字で解説)

  • 1.Wi-Fiの電波を確認して接続する
  • 2.ログイン画面が立ち上がるのを待つ
  • 3.電話をかけて初期パスワードを聞く
  • 4.再びWi-Fi接続画面で「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」をタップする
  • 5.IDとパスワードを入力する
  • 6.利用登録を確認する
  • 7.必要事項を入力する

 

なお、ここでは「電話番号」から登録する方法をご紹介します。それでは、下記から詳しくみていきましょう。

 

手順@:Wi-Fiの電波を確認して接続する

Wi-Fi設定画面Wi-FiをONにして、「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」があればタップします。スマホのWi-Fi設定画面は、「設定>Wi-Fi」で表示させることができます。(iPhone、Android共通)

 

手順A:ログイン画面が立ち上がるのを待つ

ログイン画面が表示されるのを待ち(約1〜2分)、「初めての方はこちら」をタップします。

 

手順B:電話をかけて初期パスワードを聞く

「ご利用登録方法」という画面が表示されるので、「022-207-8181」に電話します。(電話番号にタップすると通話が開始する)電話をかけると自動音声で4桁の初期パスワードがアナウンスされるので、メモを取っておきます。

 

手順C:再びWi-Fi接続画面で「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」をタップする

再びWi-Fi接続画面からSSIDをタップして、ログイン画面へ戻ります。

 

手順D:IDとパスワードを入力する

ログイン画面で、ID(自分の電話番号)とパスワードを入力します。なお、パスワード発行後初回ログインまでの期限は当日中です。期限切れになった場合は再登録の必要があるので、なるべく早めに登録を済ませましょう。

 

手順E:利用登録を確認する

「利用登録」画面の「概要」を確認します。

 

手順F:必要事項を入力する

「性別」「年代」「都道府県」「利用携帯事業者」といった必要事項を入力したあと、「利用規約に同意」にチェックを入れます。利用確認画面になって、「接続できました」という文字が表示されれば登録完了です。

 

以上が、FREE Wi-Fi PASSPORTを利用する手順です。では、FREE Wi-Fi PASSPORTに上手くつながらなかったときはどうするのか、対処法をご紹介します。

 

FREE Wi-Fi PASSPORTにつながらないときの対処法

  • 1.Wi-Fiを一度OFFにして再びONにする
  • 2.「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」を削除して再び接続する
  • 3.登録をもう一度やり直す

 

手順としては、上から順番に行うことをおすすめします。登録をもう一度やり直すのは、「Wi−FiのON/OFF」や「SSIDの削除/接続」に比べて少しだけ手間がかかるからです。

 

つながらないときは、一度やり直してみるようにしましょう。次は、FREE Wi-Fi PASSPORTの注意点をご紹介します。

 

FREE Wi-Fi PASSPORTの注意点

  • IDには有効期間がある
  • 自動で接続されるときは削除する
  • セキュリティが万全ではない

 

下記から、詳しくご紹介していきます。

 

注意点@:IDには有効期間がある

パスワード発行日を起算日として、90日間の有効期間があります。有効期間を過ぎると、再びログイン登録する必要があります。

 

注意点A:自動で接続されるときは削除する

「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J」ではなく利用できない「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」に接続されてしまった場合、SSID(後者のJがつかない方)を削除しましょう。

 

SSIDの横にある「i」をタップして、「このネットワーク設定を削除」をタップします。

 

ただし、この方法では「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」が接続できる場所まで行く必要があります。「タウンWi-Fi」のようなアプリを使って、不要なWi-Fiをブロックしておくと良いでしょう。

 

注意点B:セキュリティが万全ではない

FREE Wi-Fi PASSPORTを含むフリーWi-Fiは、セキュリティが万全ではありません。

 

「公衆無線LAN」という正式名称があるように、不特定多数の人に向けたサービスなので暗号化されていないことがほとんどです。そのため、接続するときは以下のような対策を取りましょう。

  • 1.自動ではなく手動でWi-Fiスポットを選択する
  • 2.「https」からはじまるセキュリティの高いサイトだけを閲覧する
  • 3.ネットバンクやオンライン取引、SNSの利用などは避ける

 

どうしても重要な情報をやり取りするときは、VPN(Virtual Private Network)を使うようにしましょう。

 

筆者の目 

今回の記事では、FREE Wi-Fi PASSPORTの運営会社や使い方、注意点などを解説しました。

 

国内のキャリアでも使えることが大きなメリットなので、格安スマホを利用している人にはおすすめのWi-Fiサービスです。

 

ただし、登録には期限があってセキュリティは万全ではないなど、デメリットも把握したうえで利用しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ