このエントリーをはてなブックマークに追加 

SAKURA WiFiの良い評判と悪い評判 プラン別(ギガ別)の利用料金

最近、SAKURA WiFiの存在が気になっている人も多いのではないでしょうか。しかし、あまり有名ではないために失敗しないよう、どんなサービスなのか知っておきたいですよね。

 

そこで今回の記事では、SAKURA WiFiの良い評判と悪い評判、プラン別の利用料金をご紹介します。この記事を読むとSAKURA WiFiを契約すべきかわかるので、どうぞ参考にしてください。

 

1. SAKURA WiFiの料金プランと速度

SAKURA WiFiの料金プラン

sakura wifi

利用料金 月額3,680円
契約事務手数料 3,000円
SAKURAガード(オプション) 月額500円
ウィルスセキュリティ(オプション) 月額500円

※SAKURAガードとは保証のことで、故障・破損、水没、紛失・盗難、バッテリー交換などに対応しています。

 

SAKURA WiFiの通信速度

  • 下り150〜612Mbps
  • 上り13〜50Mbps

※通信速度は機種によって異なる

 

レンタルできる端末

  • FS030W
  • ARIA2
  • 602HW
  • 601HW
  • 501HW

 

SAKURA WiFiの良い評判

 

「月額料金が安い」という意見がありました。後述の「SAKURA WiFiを利用するメリット」でも触れていますが、他社のレンタルWiFiと比べて安いことは大きな魅力といえるでしょう。

 

 

似たようなレンタルWiFiなら、「3日間10GB」や「1日間3GB」といった制限のない「SAKURA WiFiがお得」という声も寄せられています。

 

SAKURA WiFiの悪い評判

 

SAKURA WiFiはデータ通信量に上限がないものの、実際には100GBを超えると制限がかかってしまうようです。しかも、制限後の通信速度は128Kbpsと極端に遅くなってしまいます。

 

 

毎月のデータ通信量がとても多い人にとっては、使い勝手が良いとはいえないのかもしれません。

 

データ無制限のWi-Fiを検討するなら

SAKURA WiFi以外にもデータ通信無制限のWi-Fiサービスは20社以上あり、それぞれにメリットデメリットがあります。例えば、端末がレンタルですと、故障や紛失の際に利用料金が2〜3万円上がる事もあります。

  • 利用料金の合計(月額以外に解約違約金などの料金もチェックする)
  • 契約期間
  • 端末の買取orレンタル

などを比較して自分に最も合ったサービスを検討しておくと失敗は少ないと思います。個人的には、端末買取型で料金が安いNEXT mobileが今は最もバランスがいいと思います。

 

SAKURA WiFiを利用するメリット

  • 1.山間部でも電波が届きやすい
  • 2.建物の中でも通信が安定している
  • 3.月のデータ通信量が無制限
  • 4.料金設定が安い
  • 5.解約時の違約金が発生しない
  • 6.全額返金保証がついている

 

上記5つのメリットについて、次から詳しく解説していきます。

 

メリット@:山間部でも電波が届きやすい

 

電波が届きにくい場所に住んでいる人には、SAKURA WiFiが向いています。

 

ソフトバンクの電波を利用しているため、「対応エリアが広い」という特徴をもっているからです。人口カバー率99%をほこるソフトバンクの電波なら、電波が届きにくい場所もカバーされています。

 

WiMAXなどの高周波数帯域を利用した電波は「障害物に弱い」という特性があるうえに、大手キャリアと比べて基地局が少ないことから山間部は電波が届きにくいのです。なお、ソフトバンクの対応エリアは公式サイトのサービスエリアマップで確認することができます。

 

山間部でも電波が届きやすいことが、SAKURA WiFiの大きなメリットです。

 

メリットA:建物の中でも通信が安定している

 

建物の中でもインターネットを利用することが多い人にも、SAKURA WiFiがおすすめです。

 

高周波数帯域の電波は高速通信が可能な代わりに、「建物に弱い」という特性もあります。建物の中では電波が入りにくいので、動作が遅くなったりインターネットが利用できなくなったりします。

 

ソフトバンクの電波を利用するSAKURA WiFiは低〜中周波数帯域なので、障害物があっても問題ありません。自宅やショッピングモールでも、快適にインターネット接続できます。

 

各サービスの周波数帯域
  • SoftBank 3G 900MHz帯/2.1GHz帯
  • 3Gハイスピード、SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G2.5GHz帯
  • WiMAX2.4GHz帯/5.0GHz帯

※数字が低いほど低周波数、高いほど高周波数の帯域です。

 

メリットB:月のデータ通信量が無制限

 

インターネットを利用することが多い人にも、SAKURA WiFiがぴったりです。大手キャリアや他社のプロバイダに見られる容量の上限が設けられていないからです。

 

たとえば、Pocket WiFiなら「月7GB」、WiMAXなら「3日間10GB」などの上限があります。特に月7GBの場合は月初めに上限を超えると、月末まで制限がかかり続けてしまって不便です。

 

一方のSAKURA WiFiは、短い単位で上限が設定されていないので制限はほとんど気にする必要がありません。

 

メリットC:料金設定が安い

 

安い月額料金でWiFiを利用したい人にも、SAKURA WiFiをおすすめします。他社のWiFiサービスと比べて、月額料金が安いからです。

  • SAKURA WiFi:3,680円
  • WiMAX(UQ WiMAX):4,380円
  • PocketWiFi:3,696円

 

同じデータ通信量が無制限のWiMAXより月額700円も安く、月7GBのPocktWiFiとほぼ同じ価格設定です。他社よりも安い料金設定であることが、SAKURA WiFiのメリットのひとつです。

メリットD:解約時の違約金が発生しない

 

2年や3年の「縛り」が嫌いな人にも、SAKURA WiFiがぴったりです。SAKURA WiFiはあくまでもレンタルWiFiサービスなので、自分の好きなタイミングで解約できます。

 

他社の場合は、更新月以外で解約すると多額の違約金が発生してしまいます。

プロバイダ 違約金
WiMAX(UQ WiMAX) 1〜13ヶ月目:19,000円
14〜25ヶ月目:14,000円
27ヶ月目以降:9,500円
PocketWiFi 9,500円(さんねん)
10,600〜39,400円(バリューセット)
10,200〜26,400円(バリューセットライト)

※プランによって異なる

 

解約時の違約金がかからないことも、SAKURA WiFiのメリットのひとつです。

 

メリットE:全額返金保証がついている

 

WiFi初心者にも、SAKURA WiFiがぴったりです。「縛り」がないことも理由のひとつですが、「1ヶ月間の返金保証」に対応していることが大きいといえます。

 

SAKURA WiFiを契約したものの、「電波が悪い」「使い心地が良くない」などの理由で解約したい場合でも、1ヶ月以内なら初期費用や月額料金などの費用を返してもらうことが可能です。

 

返金保障の条件

ただし、以下の4つの条件を満たす必要があります。

  • 全額返金保証の希望の旨、解約の理由、追跡番号を連絡すること
  • 発送日時が1ヶ月以内であること
  • SAKURA WiFiの利用が初めてであること
  • クーポンを利用しての申し込みであること

 

全額返金保証がついていることも、SAKURA WiFiのメリットです。

 

SAKURA WiFiを利用するデメリット

  • 1.端末は最新でないうえに選べない
  • 2.解約時の端末の返却が面倒
  • 3.100GBを超えると速度制限がかかる
  • 4.支払いはクレジットカードにしか対応していない

 

4つのデメリットについても、下記から詳しくみていきましょう。

 

デメリット@:端末は最新でないうえに選べない

 

性能が良い端末を希望する人には、SAKURA WiFiは不向きです。SAKURA WiFiの機種は最新ではないうえに、好きな機種を選ぶことができません。

 

WiFiルーターの性能は日進月歩で向上しているので、ほんの2年ほどで通信速度は約2倍、充電の持ちも長くなっています。しかし、SAKURA WiFiのほとんどの端末が1〜2世代ほど前のものなので、性能は最新のものと比べて性能は大きく劣ります。

 

端末が最新でなく選べないことは、SAKURA WiFiならではのデメリットです。

 

デメリットA:解約時の端末の返却が面倒

 

面倒なことが苦手な人にも、SAKURA WiFiは向いていません。SAKURA WiFiはレンタルWiFiサービスなので、WiFiルーターを返却する必要があるからです。

 

解約時には、レンタルした「ルーター本体」「USBケーブル」の一式を返送します。梱包の必要があるうえに、レターパックライトなどの追跡が可能な配送サービスを選ばなければなりません。

 

デメリットB:100GBを超えると速度制限がかかる

 

膨大なデータ通信量を使う人にも、SAKURA WiFiは不向きです。データ通信量は無制限ではあるものの、実際には月100GBほどで128Mbpsの速度制限がかかってしまいます。

 

SAKURA WiFiの公式サイトの「よくある質問」にも、「@申込者あるいは利用者が過剰な通信を行った場合」と記載されています。

 

速度制限がかかってしまうと、データ通信量がリセットされる翌月の1日まで待たなければなりません。100GBを超えると速度制限がかかってしまうことも、SAKURA WiFiのデメリットです。

 

デメリットC:支払いはクレジットカードにしか対応していない

 

口座振替での支払いを希望している人にも、SAKURA WiFiは向いていません。SAKURA WiFiは、クレジットカード以外の支払いに対応していないからです。

 

他社の場合はプランによって口座振替に対応していることもありますが、SAKURA WiFiはクレジットカードだけの対応です。

 

プロバイダ クレジットカード 口座振替
SAKURA WiFi ×
UQ WiMAX
PocketWiFi

 


つまり、クレジットカードを持っていない人はSAKURA WiFiを契約することができません。クレジットカードの支払いにしか対応していない点も、SAKURA WiFiのデメリットです。

 

7

SAKURA WiFiの解約方法

  • 1.SAKURA WiFi公式サイトの問い合わせフォームから解約の旨を連絡する
  • 2.SAKURA WiFiからの連絡を待つ
  • 3.レンタル一式を指定された住所へ返却する

 

なお、返却方法は追跡ができるレターパックライトが指定されていて、返却先はSAKURA WiFiからの返答によって伝えられます。

 

解約については、1週間前までに行う必要があります。利用の期限は28日なので、毎月21日が解除締切日となっています。解約の際には、申込日に注意して申し込むようにしましょう。

 

SAKURA Wi-Fiの評価

 

今回の記事では、SAKURA WiFiの良い評判と悪い評判、プラン別の利用料金をご紹介しました。

 

「とにかく安くいっぱいインターネットを利用したい」という人には、最適のWiFiサービスです。しかし、端末が古く選べないので、機種のスペックを気にする人には向かないといえます。

 

多額の違約金もなく1ヶ月全額返金にも対応しているので、まずは一度所有してみるのも良いでしょう。契約したくなった人は、まずはSAKURA WiFiの公式サイトを確認してみましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ