このエントリーをはてなブックマークに追加 

めっちゃWiFiの料金と評判 利用するメリット・デメリット

めっちゃWiFiの料金と評判 利用するメリット・デメリット

 

2019年10月に登場したばかりの「めっちゃWiFi」が、気になっている人は多いのではないでしょうか。登場から間もないため、契約すべきか不安ですよね。

 

そこで今回の記事では、めっちゃWiFiの料金と評判、利用するメリット・デメリットをお伝えしていきます。当ページを読めば、めっちゃWiFiを契約すべきか判断できるようになります。

 

 

めっちゃWiFiの料金プランと速度

よくばりwifi 

月額料金 3,480円
初期費用 3,000円(登録手数料)
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

めっちゃWiFiは、月額3,480円だけのシンプルな料金体系です。

 

めっちゃWiFiでレンタルできる端末

機種名 GlocalMe U2s
製造元 uCloudlink
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
最大同時接続台数 5台
サイズ(mm) 127×65.8×14.2
重量 151g
連続使用可能時間 約12時間

レンタルできる端末も、GlocalMe U2sの一種類だけです。

 

3.めっちゃWiFiの良い評判

 

「満員電車の速度にしては速い」という声がありました。通常なら決して速いとはいえませんが、混雑時として考えると十分な速度といえるでしょう。

 

めっちゃWiFiの悪い評判

 

「申し込んでから連絡がない」という意見がありました。サービス開始から間もないことから混雑なども考えられますが、さすがに音沙汰すらないと不安になってしまいますよね。

 

 

口コミの時点ではサービス開始から10日ほどしか経過しておらず、「評判などがわからず契約できない」という声もありました。何もわからない状態で契約するのは、どんなサービスなのか少し怖いですよね。

 

めっちゃWiFiを利用するメリット

  • 月額料金が安い
  • レンタル料金が上がらない
  • 速度制限がない
  • 対応エリアが広い
  • 海外でも同じ端末がそのまま使える
  • 海外での料金が安い
  • 違約金が安い
  • 破損・紛失時の賠償金が安い

 

下記から、詳しく説明していきます。

 

メリット@:月額料金が安い

 

他社のWiFiサービスは契約から3ヶ月後ぐらいまでは割引されていることが多いですが、めっちゃWiFiは月額3,480円の一律です。主要なプロバイダの無制限プランと比較しても、めっちゃWiFiの月額料金は安いといえます。

 

めっちゃWiFi UQ WiMAX ワイモバイル
月額料金 3,480円 3,880円 4,380円
2年間の総額 83,520円 93,120円 105,120円

※2年間の総額はレンタル料および使用料だけを算出

 

同じ無制限プランでも他社より月額500〜900円も安く、ワイモバイルと比べると2年間で21,600円も安いことがわかります。少しでもWiFiにかかる費用をおさえたいなら、めっちゃWiFiがお得です。

 

月額料金が安いことは、めっちゃWiFiの大きなメリットといえます。

 

メリットA:レンタル料金が上がらない

他社のモバイルWiFiは契約期間の2年や3年を経過すると、たとえ継続割引のようなものを適用したとしても月額料金は上がってしまいます。

 

しかし、めっちゃWiFiは契約期間の2年を過ぎてもレンタル料金が上がりません。

 

類似したサービスの「どんなときもWiFi」は契約から25ヶ月目以降にレンタル料金が3,480円から3,980円に上がりますが、めっちゃWiFiは25ヶ月目を経過しても一律3,480円です。

 

「長期間のレンタルを安く利用したい」「契約期間後も続けてレンタルWiFiを使いたい」という人には、めっちゃWiFiがお得です。契約期間後にレンタル料金が上がらないことも、めっちゃWiFiのメリットといえます。

 

メリットB:速度制限がない

他社のプロバイダは無制限プランでも「3日10GB」や「1日1GB」といったように上限が設けられている場合がほとんどで、128Kbps〜1Mbpsまで通信速度が低下してしまうのです。

 

めっちゃWiFi WiMAX ポケットWiFi
容量の上限 なし 3日間10GB 3日間10GB
制限後の通信速度 なし 1Mbps 1Mbps
制限される時間 なし 翌日18時から翌々日2時 当日18時から翌日1時

※めっちゃWiFiは国内での利用の場合

 

めっちゃWiFiは容量の上限がないので、数日間のデータ通信量を気にせずに高画質の動画やオンラインゲームなどを楽しむことができます。ただしいくつか例外はあって、違法ダウンロードなどの不正利用や著しくネットワークを占有すると制限がかかってしまうこともあります。

 

速度制限がないことも、めっちゃWiFiならではの大きなメリットです。

 

メリットC:対応エリアが広い

めっちゃWiFiの端末「GlocalMe U2s」なら、大手3社のエリアを使うことができます。都市部ならソフトバンク、山間部ならドコモといったように、現在の場所や状況に応じて最適な電波を選んでくれるため広いエリアで利用できるのです。

 

たとえば、同業他社のWiMAX2+回線と比べてソフトバンク1社のほうがエリアは広いといえます。

 

 

引用:UQ WiMAX公式サイト

 

 

引用:SoftBank公式サイト

 

郊外や山間部、都市部でも地下やショッピングモールといった場所では、低周波数帯域のキャリアの電波を使うめっちゃWiFiのほうが繋がりやすい傾向にあります。

 

簡単に説明すると、WiMAX2+の高周波数帯域は建物や山といった障害物に電波が遮られやすいのですが、ソフトバンクの低周波数帯域の電波は障害物でも回り込めるという特性があるからです。

 

メリット デメリット
高周波数帯域(2.4Ghz,5Ghzなど)

・高速通信が可能
・電波干渉を受けにくい

・障害物に弱い
低周波数帯域(2.4Ghz以下 800mhzなど) ・障害物に強い ・電波干渉を受けやすい

外でWiFiを使う機会が多い人は、めっちゃWiFiのほうが使い勝手は良いといえます。対応エリアが広いことも、めっちゃWiFiのメリットです。

 

メリットD:海外でも同じ端末がそのまま使える

めっちゃWiFiをそのまま海外で使えるのは、GlocalMe U2sがクラウドSIMを採用しているからです。

 

クラウドSIMは、SIMカードを端末ではなくクラウド上で管理する次世代型の通信技術のことで、海外でも自動的に現地のキャリアに切り替わります。

 

クラウドSIMのイメージ

 

つまり、海外向けWiFiをレンタルしたり現地でSIMカードを購入したりする必要はありません。GlocalMe U2sをそのまま海外へ持って行けば、面倒な手続きをせずに現地の回線が使えます。

 

「急な出張で海外へ旅行に行くことも多い」「海外旅行が好き」という人には、現地でも使えるめっちゃWiFiが便利です。海外でも同じ端末が使えることも、めっちゃWiFiのメリットといえます。

 

メリットE:海外での料金が安い

めっちゃWiFiを海外で使用するとき、利用する国によって料金は異なります。

  • 東南アジア17ヵ国:850円/日
  • 17ヵ国以外の国:1,250円/日

 

対応エリア
東南アジア17ヵ国 中国、台湾、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラディシュ
ヨーロッパ オーランド諸島、アルバニア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ガーンジー、ジャージー、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ジブラルタル、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、マン島、モンテネグロ、マケドニア、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サンマリノ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、イギリス、バチカン
アジア バーレーン、ブルネイ、クウェート、イスラエル、ヨルダン、カザフスタン、ネパール、オマーン、パキスタン、カタール、サウジアラビア
アフリカ アルジェリア、アンゴラ、エジプト、ガーナ、ケニア、モーリシャス、モロッコ、ナイジェリア、南アフリカ、タンザニア、チュニジア、西サハラ、ザンビア
中央・南アメリカ アルゼンチン、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルバ、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ、イギリス領ケイマン諸島、エクアドル、ペルー、イギリス領バージン諸島、ウルグアイ、ベネズエラ、キュラソー島、グレナダ、グアドループ、ガイアナ、ハイチ、ジャマイカ、マルティニーク、サン・マルタン、セントビンセント・グレナディーン島、スリナム、トリニダード、トバゴ、タークス・カイコス諸島
北アメリカ カナダ、エルサルバドル、グアテマラ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、プエルトリコ、アメリカ(ハワイ、グアム、サイパン)
オセアニア オーストラリア、フィジー、ニュージーランド、北マリアナ諸島

同じく海外でそのまま使えるどんなときもWiFiと比べても、めっちゃWiFiのほうが料金は安く設定されていることがわかります。

 

どんなときもWiFiの海外利用料金
利用国エリア 利用料金
利用エリア@ アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 1,280円/日
利用エリアA 中東・中米・アフリカ 1,880円/日

めっちゃWiFiなら韓国や台湾が880円/円と安いだけでなく、アフリカ、中東、中米なども1,250円/日で利用できます。色んな国へ旅行するような人なら、めっちゃWiFiのほうがお得です。

 

海外での料金が安いことも、めっちゃWiFiのメリットといえます。

 

メリットF:違約金が安い

めっちゃWiFiは、24ヶ月の契約期間に解約したとしても9,800円の違約金で済みます。他社の場合は24ヶ月以内なら14,000〜19,000円ほどの違約金が発生するので、めっちゃWiFiの違約金は安いといえます。

めっちゃWiFi BIGLOBE WiMAX どんなときもWiFi
0〜12ヶ月 9,800円 19,000円 19,000円
13〜24ヶ月 9,800円 14,000円 14,000円
26ヶ月〜(更新月以外) 0円 9,500円 9,500円

※BIGLOBE WiMAXは「Flatツープラス」の違約金

 

「違約金はあまり払いたくない」「2年以降は違う回線やプロバイダにしたい」という人には、めっちゃWiFiなら違約金を安く抑えることができます。違約金が安いことも、めっちゃWiFiのメリットです。

 

メリットG:破損・紛失時の賠償金が安い

 

レンタルなので紛失や破損があると、損害賠償金を支払わなければなりません。めっちゃWiFiの損害賠償金は、他社のレンタルWiFiよりも安く設定されています。

 

よくばりwifi レンタル機器損害賠償金

引用:めっちゃWiFi公式サイト

 

どんなときもWiFiの賠償金は18,000円なので、めっちゃWiFiの3倍以上も高いことになります。ただし、他社のWiFiと違って補償オプションがないので、端末の取り扱いには注意が必要です破損・紛失時の賠償金が安いことも、めっちゃWiFiのメリットのひとつです。

 

めっちゃWiFiを利用するデメリット

  • 通信速度は速くない
  • 即日発送には対応していない
  • 海外で利用できる国は多くない
  • 海外では無制限にならない
  • クレジットカード払いにしか対応していない
  • サポートが不安
  • 本人確認が必要

下記から、詳細を見ていきましょう。

 

デメリット@:通信速度は速くない

めっちゃWiFiの通信速度は、下り最大150Mbpsです。機種や環境によって異なりますが、他社のWiFiと比べて速いとはいえません。

 

めっちゃWiFi
(GlocalMe U2s)

UQ WiMAX
(W06)

ポケットWiFi
(601HW)

下り最大 150Mbps 1,237Mbps 972Mbps
上り最大 50Mbps 75Mbps 37.5Mbps
下り実測値 22.37Mbps 29.97Mbps 29.21Mbps
上り実測値 10.55Mbps 3.66Mbps 9.18Mbps

※最新の機種で比較(理論値)
※上記のデータは「みんなのネット回線速度」を引用

 

上りの速度は他社よりも速いものの、下り(ダウンロード)の速度は他社と比べて見劣りしてしまいます。標準的な画質の動画を視聴するなら問題ありませんが、高画質な動画は遅く感じるかもしれません。めっちゃWiFiのデメリットのひとつは、通信速度が速くないことです。

 

デメリットA:即日発送には対応していない

めっちゃWiFiの発送は、3営業日前後です。他社のWiFiサービスと比べると、かなり遅いといえます。

めっちゃWiFi UQ WiMAX ポケットWiFi
最短の対応 3営業日前後 当日発送 翌日・翌々日
申し込み時間 設定なし 設定なし 17時まで

「すぐに使いたい」という人には向かないので、使う予定日より早めに申し込むか数日だけのレンタルに対応した他社のレンタルWiFiを検討する必要があります。

 

即日発送に対応していないことも、めっちゃWiFiのデメリットです。

 

デメリットB:海外で利用できる国は多くない

 

めっちゃWiFiを使える国は、100ヵ国以上です。本格的に海外で利用することを考えると、決して多くはありません。たとえば、海外向けのレンタルWiFiなら200ヵ国以上に対応していることが普通だからです。

  • めっちゃWiFi:100ヵ国以上
  • イモトのWiFi:200ヵ国以上
  • グローバルWiFi:200ヵ国以上
  • ワイホー:200ヵ国以上

近隣諸国や比較的有名な国へ行くときは問題ありませんが、あまり知られていない国へ行くときは現地でレンタルしたりSIMカードを購入したりする必要があります。

 

ただし、使える国は増えていくようなので今後に期待しましょう。海外で利用できる国が多くないことも、めっちゃWiFiのデメリットです。

 

デメリットC:海外では無制限にならない

国内では通信量が無制限でも、海外では1日1GBの上限があります。上限を超えると、384Kbpsに制限されてしまいます。

 

国内向けに特化しためっちゃWiFiと一概に比較はできないのですが、最近は海外向けのレンタルWiFiなら無制限プランもあることが一般的になってきました。

 

無制限プランの有無
  • めっちゃWiFi:なし
  • イモトのWiFi:あり
  • グローバルWiFi:あり
  • ワイホー:あり

渡航先でインターネットの利用が多い人は、使いすぎると制限がかかってしまいます。手続きや受取が面倒でも、海外に特化した海外WiFiを検討したほうが良いでしょう。

 

海外では無制限にならないことも、めっちゃWiFiのデメリットといえます。

 

デメリットD:クレジットカード払いにしか対応していない

支払いはクレジットカードしか使えず、口座振替やデビットカードには対応していません。クレジットカードしか使えないというケースも多いですが、主要な他社のWiFiならクレジットカード以外の支払いにも対応しています。

 

口座振替
  • めっちゃWiFi:非対応
  • UQ WiMAX:対応
  • ポケットWiFi:対応

海外WiFiならコンビニへ届いた請求書を持って支払う「NP後払い」やAmazonのアカウントで支払う「Amazon Pay」などにも対応しているのですが、国内向けではほとんど対応していません。

 

クレジットカードを所有していればポイントなどの特典がついてお得なのですが、所有していないようなら新規で作成するか口座振替に対応した他社のWiFiを検討する必要があります。クレジットカード払いにしか対応していないことも、めっちゃWiFiのデメリットです。

 

デメリットE:サポートが不安

めっちゃWiFiの公式サイトには、連絡先などが記載されていません。

 

他社の公式サイトには目につく場所にカスタマーサポートセンターへの問い合わせ先が掲載されていますが、めっちゃWiFiは申し込みページにある「重要事項説明書」に小さく記載されています。

 

よくばりwifiのカスタマーサポート
  • 電話番号:0570022577
  • 受付時間:10時〜18時まで(土日祝日含む)

 

よくばりwifi 問い合わせ先

引用:めっちゃWiFi公式サイト

 

2019年10月からサービスを開始しているだけに、サポート体制が万全ではないのかもしれません。契約する予定なら、時間が経過して利用者が増えてからでも良いでしょう。現段階のサポート面で不安があることも、めっちゃWiFiのデメリットといえます。

 

デメリットF:本人確認が必要

めっちゃWiFiを申し込む際には、本人確認書類の提出が必須です。具体的には、いずれかの書類の写真を撮影して申し込みフォームから送信する必要があります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証と住所確認書類
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード(永住者)
  • 在留カード(旧外国人登録証明書)と外国パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カードと住所確認書類

個人情報を渡したくないや撮影が面倒な人は、本人確認書類を提出しないどんなときもWiFiなどのレンタルWiFiを検討したほうが良いでしょう。

 

本人確認が必要なことも、めっちゃWiFiのデメリットです。

 

めっちゃWiFiの解約方法

  • めっちゃWiFiのマイページへログインする
  • 解約手続きをする
  • カスタマーセンターへ連絡する
  • 解約の日時や返送するものなどを確認する
  • 端末一式を返送する

マイページへのログインは、申し込み後に発行される会員IDとパスワードを入力します。月の途中で解約しても日割り計算は適用されないので、1ヶ月分の料金を支払わなければなりません。

 

めっちゃWiFi運営会社の情報

めっちゃWiFiは、「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」が運営しています。スマートモバイルという格安スマホを取り扱う会社で、主にドコモとソフトバンクを利用した通信サービスを提供しています。

 

2007年2月13日に設立された会社で、2017年には消費者保護ルールに違反したため総務省から改善を求める行政指導を受けています。具体的には、以下のような事案が確認されています。

 

  • 解約処理が適切に行われなかった
  • 問い合わせに対し適切・迅速に処理されなかった
  • 初期契約解除について誤った案内が行われた

 

※初期契約解除:クーリングオフのような制度で、契約から8日以内ならユーザー側の理由で解約ができる(事務手数料と日数分相当の料金はかかるが違約金はかからない)

 

公式サイトにも解約については具体的に記載されていないので、不安に感じる人はめっちゃWiFiの契約はひとまず避けておいたほうが良いかもしれません。

 

めっちゃwifiの評価

今回の記事では、めっちゃWiFiの料金と評判、利用するメリット・デメリットをご紹介しました。

 

めっちゃWiFiは月額料金が安いうえに契約期間を終えても同じ価格なので、2年以上の長期間利用し続けたい人にはぴったりのレンタルWiFiです。

 

ただし、具体的な解約の方法やサポート体制などはわからないことも多いので、不安に思う人は避けておくことをおすすめします。モバイルWiFiにはレンタルだけでなく買取型も含めるとたくさんのプロバイダやサービスがあるため、視野を広げてじっくりと検討してください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ