このエントリーをはてなブックマークに追加 

ポケットWiFiの利用用途別のおすすめ

 

ポケットWiFiを検討中で、どれを選べばいいのかお悩みの人も多いのではないでしょうか。プロバイダを含めるとポケットWiFiの数は膨大で、すべての情報を比較するのは非常に手間がかかります。

 

そこで今回の記事では、利用用途に応じたおすすめのポケットWiFiをご紹介していきます。選んで後悔しないポケットWiFiが必ずみつかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ポケットWiFiとは?

そもそもポケットWiFiとは、本来はワイモバイルのモバイルルーターの名称(商標)でした。しかし、現在はWiMAX、どんなときもWiFi、レンタルwifi、クラウドSIMなども「ポケットWiFi」として扱われています。

 

最近では、ポケットWiFiは、「持ち運び可能なWiFi端末の総称」となってきています。

 

このページでは便宜上、モバイルWiFiルーターの総称として「ポケットWiFi」という言葉を使います。

 

 

1ポケットWiFiの種類とスペックの比較

ポケットWiFiの種類はとても多いですが、各社で使用する回線は「au(WiMAX)・ソフトバンク・ドコモ・ワイモバイル」の4つだけです

 

以下の表は、各社の料金や通信容量などの比較です。

利用できる回線 月額料金 利用可能な容量 契約期間 最大速度
WiMAX WiMAX・au 3,435円 3日間10GB 3年 1,200Mbps
ワイモバイル ソフトバンク 3,696〜4,380円 3日間10GB 契約期間なし 972Mbps
docomo ドコモ 携帯料金+1,000円 スマホプランと共用 2年 1,288Mbps
どんなときもWiFi ドコモ、au、ソフトバンク 3,480円 無制限 2年 150Mbps
ネクストモバイル ソフトバンク 2,760〜3,695円 20〜50GB 2年 150Mbps
FUJI Wifi WiMAX・ソフトバンク 2,500〜4,800円 25〜200GB 契約期間なし 440Mbps
縛りなしWiFi WiMAX・ソフトバンク 2,800〜3,300円 無制限 契約期間なし 612Mbps
NOZOMI WiFi ソフトバンク 3,480〜4,480円 100GB超〜無制限 契約期間なし 612Mbps
STAR WiFi ソフトバンク 3,594円 不明 契約期間なし 150〜612Mbps
SAKURA WiFi ソフトバンク 3,680円 100GB 契約期間なし 150〜612Mbps

最大速度はあくまでも理論値なので、表示されている最大速度が出ることはありません。

 

また、通信エリアや端末によって最大速度は違います。FUJI wifiのように、WiMAXとソフトバンクの回線が利用できるうえ、在庫状況によってレンタルできる端末が異なるケースもあるので、注意が必要です。

 

なおNozomi wifiは、無制限プランにするとドコモ、au、ソフトバンク回線対応の機種をレンタルできます。

 

1-1 WiMAX、ソフトバンク、ドコモ回線の特徴

WiMAX(au) ソフトバンク ドコモ
通信速度 速い(遅い) 遅い 速い
通信制限 10GB/3日(7GB/月) 10GB/3日 スマホと共用
制限後の通信速度 1Mbps(128Kbps) 128Kbps 1Mbps
サービスエリア 狭い(広い) 広い 広い
端末 3機種 2機種 3機種
周波数帯域 2.4GHz/5GHz(800MHz) 2.5GHz 800MHz〜3.5GHz

※端末は各公式サイトに掲載された数(2019年10月時点)

 

WiMAXの特徴

WiMAXの大きな特徴は、au LTEとの切り替えが可能なことです。そもそもWiMAXには「サービスエリアが狭くて障害物に弱い」という特性がありますが、auのLTEと併用することでそれらの弱点を補うことができます。

 

ソフトバンクの特徴

ソフトバンクは通信制限がWiMAXと同じでサービスエリアも広いですが、通信制限後の速度は2社よりも遅くなってしまうことが特徴です。

 

最近はかなりマシになった印象ですが、最大速度は早いものの、突然電波が入りづらくなったり、断線したりするなど安定感のなさも有名です。

 

ドコモの特徴

ドコモは通信速度こそ速いのですが、スマホとセットにしないと申し込めないうえにデータ通信上限はスマホと共用になってしまいます。(月30GBのプランなら30GBを超えるとWiFiにも制限がかかる)

 

回線品質は高いですし、カバーエリアもNO,1です。ただし、利用者が多すぎるゆえの弊害として、夕方から深夜にかけて速度が落ちる事がありました。

 

利用用途ごとのおすすめ

 

おすすめのポケットWiFiを、5つの項目でご紹介していきます。

  • 1.月額料金の安さ
  • 2.通信速度の速さ
  • 3.契約期間の縛り
  • 4.通信制限の有無
  • 5.スマホとのセット割

 

下記から、詳しくみていきましょう。

 

2-1 月額料金の安さなら「WiMAX」

契約期間 総額 実質月額料金
WiMAX 3年 123,660円 3,435円
ワイモバイル 契約期間なし 186,466円 4,907円
ドコモ 2年 145,553円 5,822円
どんなときもWiFi 2年 93,980円 3,615円

※WiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB」

 

各社でキャッシュバックや割引なども用意されていますが、総額を計算して月額に変換するとWiMAXが最も安いです。注目すべきは「料金と契約期間の関係」で、契約期間が長いほど料金は安い傾向にあります。

 

たとえば、WiMAXは料金こそ安いですが契約期間は3年間と長いです。一方のワイモバイルは契約期間こそ設けられていないものの、月額料金は最も高額であることがわかります。

 

利用期間の縛りを度外視して、月額料金の安さでポケットWiFiを選ぶなら、WiMAXがおすすめです。

 

2-2 通信速度の速さなら「ドコモ(HW-01W)」

機種 最大速度(理論値) 実測値 Ping値
W06(WiMAX) 1,200Mbps 38.11Mbps 93.44ms
WX05(WiMAX) 440Mbps 22.42Mbps 80.96ms
Pocket WiFi 603HW 612Mbps 24.33Mbps 83.88ms
Pocket WiFi 803ZT 988Mbps 不明 不明
Wi-Fi STATION SH-05L 988Mbps 不明 不明
Wi-Fi STATION HW-01L 1,288Mbps 43.06Mbps 127.97ms

上記の表から、理論値、実測値ともに速いのはドコモの「Wi-Fi STATION HW-01L」だからです。

 

理論値は、公式サイトなどの機種の紹介で掲載されているメーカー公表値であり、1,000Mbps前後なら光回線の一般的な速さと同等です。(実測値では光回線のほうが速い)

 

つまり、通信速度でポケットWiFiを選ぶならドコモの「Wi-Fi STATION HW-01L」がおすすめです。ただし、利用用途が主にゲームの場合は上記のPing値を比較する必要があります。

 

2-2-1 Ping値で選ぶなら「WiMAX(WX05)」

 

Ping値が最も速いのは、WiMAXの「WX05」だからです。

 

Ping値とは「ネット回線の応答速度」を表す値のことで、単位は(ms)で表されます。数値が低ければ低いほど応答速度が速く、Ping値が遅いとオンラインゲームをプレイするには向きません。

 

Ping値の大まかな目安は、以下のとおりです。

  • 速い:30ms以下
  • 普通:50ms
  • 遅い:100ms以上

つまり、通信速度の速さではドコモの「Wi-Fi STATION HW-01L」が優れていますが、オンラインゲームやデイトレなど反応が求められる場合は「WX05」が向いています。

 

2-3 契約期間の縛りで選ぶなら「縛りなしwifi」

ポケットWiFiの中で契約期間の縛りがないプランを選べるのは下記の5社です。5社とも機関の縛りをつける代わりに月額が下がるプランもあります。

事業者 通信容量 月額料金
FUJI Wifi 25〜200GB 2,500〜4,800円
縛りなしwifi 無制限 2,800〜3,300円
NOZOMI WiFi 100GB超〜無制限 3,480〜4,480円
STAR WiFi 不明 3,594円
SAKURA WiFi 100GB 3,680円

上記5つの事業者には契約期間が設けられていませんが、「縛りなし」かつ「月額料金も安い」という条件なら「縛りなしwifi」がベストです。

 

契約期間の縛りなしの条件で、データ通信量の無制限が用意されているのは「縛りなしwifi」か「NOZOMI WiFi」の2社だけです。

 

縛りなしwifiの無制限プランは月額3,300円で利用できますが、NOZOMI WiFiの無制限プランは月額4,480円と高額です。

 

ただし、上記5社の中でFUJI WiFiは最安値プランであっても、月25GBも利用できます。毎月の通信量が少なく月額料金も抑えたい人には、FUJI WiFiでも十分です。

 

契約期間の縛りがないうえに安価で無制限のポケットWiFiを利用したい人には、一般的には「縛りなしwifi」がおすすめです。

 

2-4 データ通信無制限なら「どんなときもWiFi」

事業者 通信制限 制限後の通信速度 制限時間帯
どんなときもWiFi 制限なし 384Kbps -
縛りなしwifi 2GB/1日 - 当日
STARwifi 制限なし 128Kbps -

実際に通信制限がないのは、どんなときもWiFiだけだからです。上記の3社は「通信制限がない」とされていますが、縛りなしwifiは1日2GBを超えると制限がかかってしまいます。

 

STARwifiの場合は公式サイトに掲載されていないものの、実際には「月間150GBを超えたあたりから制限がかかってしまう」といわれています。

 

130Gで速度制限。あぎゃー
昨日通信制限されてから1日経過しました!現状は昨日と変わらず、制限されたままです。

 

どんなときもWiFiは、違法ダウンロードなどの不正利用がない限りは月間の利用量で制限がかかることはありません。月に1TB使ったとしても制限がかかることはないとされています。

 

どんなときもWiFi、1TB使ったユーザでも制限かからないの強すぎ。 業者かよ

 

毎月のデータ通信量が多い人には、どんなときもWiFiがおすすめです。

 

2-5 スマホとのセット割なら「au(WiMAX)」

現在スマホ割を実施しているのは、auだけだからです。ソフトバンクのポケットWiFiサービスは既に受付を終了しています。

 

ちなみに、auスマホ割の割引金額は以下のとおりです。

パケット通信量 WiMAX2+ フラット for DATA EX、WiMAX2+ フラット for HOME WiMAX2+ フラット fou DATA
10MBまで 基本使用料372円/月 基本使用料372円/月
10MB超(割引後) 基本使用料4,880円/月 基本使用料4,196円/月
10MB超(割引前) 基本使用料5,880円/月 基本使用料5,196円/月

上記に加えて、WiFiルーター新規契約の事務手数料の3,000円が無料になります。

 

総合的に見たおすすめは「どんなときもWiFi」

月額料金、サービスエリアの範囲、速度、通信制限、契約期間などを総合的に見ると、バランスが良いのはどんなときもWiFiです。

 

どんなときもWiFiは、通信制限に関してはデータ通信量が無制限なだけでなく制限もかからないので、毎月のデータ使用量が多くても快適にインターネットを利用できます。

 

どんなときもWiFiのデメリット

ただし、どんなときもWiFiはレンタルなので、解約と同時にルーター一式は返却しなければなりません。

 

ルーターの破損や返却忘れは18,000円の損害金が発生するリスクもあり、利用の際は丁寧に取り扱うなどの注意が必要です。万が一の「あんしん補償」もありますが、月額料金は増えてしまいます。

 

データ使用量が多く上記のデメリットが問題ないなら、どんなときもWiFiがおすすめです。

 

ポケットWiFiのメリット

  • 1.回線工事の費用が要らない
  • 2.到着後すぐに使える
  • 3.無制限プランがある
  • 4.自宅だけでなく外出先でもインターネットが使える
  • 5.月額料金が安い
  • 6.セキュリティ面で安心できる
  • 7.事業者が多く選択肢が豊富
  • 8.端末の種類が多い
  • 9.複数の通信機器を同時に接続できる

下記から順に、詳しくみていきましょう。

 

メリット@:初期費用を大きく抑えられる

 

モバイル回線であるポケットWiFiは回線工事が必要ないので、初期費用はあまりかかりません。

 

固定回線は、基地局からルーターまで光ケーブルで接続する必要があるため、回線の開通工事が必要です。一方のモバイル回線は、基地局からルーターまで電波で接続できるので回線工事は要りません。回線工事がないということは、工事に伴う費用も発生しないのです。

 

たとえば、光回線なら回線開通の工事費用が15,000〜25,000円ほどかかってしまいますが、ポケットWiFiの初期費用は3,000円ほどの事務手数料ぐらいで済みます。初期費用をおさえたい人には、ポケットWiFiがおすすめです。

 

メリットA:到着後すぐに使える

 

ポケットWiFiはモバイル回線なので、スマホのように手元に届いた瞬間から使えます。光回線の場合は開通工事が必要なので、業者を呼ばなければなりません。物件によっては、引き込み経路の確認作業のために現地の下見を要することがあります。

 

ほとんどのプロバイダは1ヶ月前後としていますが、繁忙期やキャンペーン中なら2ヶ月はかかってしまうのです。なお、工事スタッフは慢性的な人手不足のため「3ヶ月以上待つ」というケースも珍しくありません。

 

一方のポケットWiFiは数日でルーターが届きますが、プロバイダによっては店頭で申し込めるので申し込み当日に使えることもあります。到着後すぐに使いたい人にも、ポケットWiFiがおすすめです。

 

メリットB:無制限プランがある

 

多くのポケットWiFiには、毎月のデータ通信量が無制限のプランが用意されています。大手キャリアやMVNOといったスマホの場合、1ヶ月7GBや30GBといった上限が設けられていることがほとんどで、あまり無制限プランは用意されていません。

 

ポケットWiFiの場合、WiMAX、どんなときもWiFi、ワイモバイルなど、データ通信量無制限プランであったり無制限プランを選んだりすることが可能です。

 

通信制限が設けられていることもありますが、何十日間も制限がかかることはありません。毎月のデータ通信量が多い人にも、ポケットWiFiがおすすめです。

 

メリットC:自宅だけでなく外出先でもインターネットが使える

 

ポケットWiFiはモバイル回線であると同時に、ルーター本体がポケットに入るほどコンパクトだからです。

 

固定回線やモバイル回線でも据え置き型のホームタイプは自宅でしかインターネットが使えませんが、ポケットWiFiはルーターさえ持っていれば外出先でもインターネットが使えます。

 

たとえば、旅行先の宿泊施設や帰省した実家にネット環境がなくても、ポケットWiFiがあればスマホ、パソコン、タブレットなどをインターネット接続させることが可能です。外出先でインターネットが使いたい人にも、ポケットWiFiをおすすめします。

 

ポケットWiFiはスマホ代の節約にもなる

外出先でもインターネットが使えるということは、スマホのデータ通信量を下げることができるからです。

 

たとえば、30GBなどの大容量プランから7GB以下のデータ通信量の少ないプランへ変更すれば、月々のスマホ代は大幅に安くなります。データ通信量が少ないならMVNOにすれば、さらなる節約が可能です。

 

スマホ代を安く節約したい人にも、ポケットWiFiをおすすめします。

 

メリットD:月額料金が安い

ポケットWiFiは、固定回線やスマホのプランよりも安い料金で利用できます。以下は、3年間利用したときの料金を比較した表です。

 

WiMAX NURO光 ドコモ
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
割引 ▲31,500円 ▲69,086円 ▲6,600円
3年間の総額 123,660円 137,574円 269,808円
月額に換算 3,435円 3,821円 7,494円
3年目以降の月額 4,263円 4,743円 7,678円

※WiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB」

 

それぞれ条件が違うので一概に比較することは難しいのですが、ドコモの場合は月30GBのプランにおける料金なので、月額料金は他社より高額であることがわかります。

 

また、3年目まではWiMAXやNURO光の2倍ほどの月額料金を払わなければなりません。WiMAXなら光回線よりも安いうえにデータ通信量も無制限なので、「スマホの利便性」と「固定回線の安さ」を兼ね備えているといえます。

 

月額料金の安さを重視したい人にも、ポケットWiFiがおすすめです。

 

メリットE:セキュリティ面で安心できる

 

ポケットWiFiは暗号化されているため、安心してインターネットを利用できます。

 

外出先でネットを使う場合は、スマホのデータ通信量節約のためにフリーWiFiを活用するケースが多いですが、決して安全とはいえません。

 

店名 セキュリティ
スターバックス ×
タリーズコーヒー ×
コメダ珈琲店 ×
セブンイレブン ×
ファミリーマート ×
ローソン ×
マクドナルド ×
モスバーガー
ロッテリア ×
羽田空港 △(有料ならセキュリティ〇)
成田空港 △(有料ならセキュリティ〇)

フリーWi-Fiの多くは、暗号化されていないうえに不特定多数の人が使っているので、フリーWiFiを悪用しようとする人がいれば犯罪に巻き込まれる恐れがあります。

 

誰でも手に入るツールを使えば、簡単に個人情報を盗み取ることができるのです。たとえばクレジットカード情報を抜き盗られたり、SNSのアカウントが乗っ取られたりするリスクがあります。

 

ポケットWiFiなら暗号化されたネットワークを利用しているため、近年増えているネット犯罪に巻き込まれるリスクを大きく抑えることができるのです。セキュリティを重視したい人にも、ポケットWiFiをおすすめします。

 

メリットF:事業者が多く選択肢が豊富

 

ポケットWiFiは参入している事業者が多いので、自分に合ったものが選びやすいといえます。

 

ポケットWiFiの業者イメージ

※ポケットWiFiの業者のイメージ

 

回線元はau、ドコモ、ソフトバンクと限られますが、たとえばWiMAXだけでも20社近くあります。また、au、ドコモ、ソフトバンクの回線すべてを使える「どんなときもWiFi」のような存在もあるのです。

 

しかもポケットWiFiにはレンタルサービスもあるので、契約期間の縛りを避けることもできます。スマホや光回線には、ポケットWiFiほど多彩な選択肢はありません。

 

事業者が多いためキャンペーンが熱い

参入業者が多いという事はサービス業者間の競争が激しいため、利用料金が安くなったり、キャッシュバックなどのキャンペーンを打ってきたりと、利用者に取って有利な条件で契約ができます。

 

3大キャリアのみで半ば寡占(カルテル)状態となり、料金が下がらないスマートフォンと大きく違う点です。

 

メリットG:端末の種類が多い

モバイルルーターの性能は日進月歩で向上していて、各社がしのぎを削っているのです。たとえば、WiMAXやワイモバイルには以下のような機種があります。

 

シリーズ 製造元 機種
Wシリーズ(WiMAX) Hauwei W06、W05、W04など
WXシリーズ(WiMAX) NEC WX05、WX04、WX03など
HWシリーズ(ワイモバイル) Hauwei 801HW、603HWなど
ZTシリーズ(ワイモバイル) ZTE 803ZTなど

WiMAXを例に違いを説明すると、Wシリーズは通信技術に優れていてWXシリーズは端末の基本性能に優れています。

 

具体的には、Wシリーズのほうが通信速度は速いのですが、WXシリーズは長時間の使用が可能です。つまり、通信速度ならWシリーズ、バッテリー性能ならWXシリーズに軍配が上がります。

 

端末の種類が多く用途に合わせて選べることも、ポケットWiFiのメリットです。

 

メリットH:複数の通信機器を同時に接続できる

 

ポケットWiFiは、スマホだけでなくパソコンやタブレットも同時に接続できます。ほとんどのルーターは、10〜16台は同時に通信機器を接続させることが可能です。

 

最新端末 最大同時接続数
W06 16台
WX05 10台
803ZT 16台
801HW 16台

スマホの場合は、テザリング機能を使えば複数の通信機器を同時に接続できます。しかし、データ通信量が多くなることで翌月まで通信制限がかかってしまうケースもあり、実用的とはいえません。

 

ポケットWiFiでデータ通信量無制限なら、膨大なデータ量でない限り制限を気にする必要はなく、自由にスマホやゲーム、パソコンをインターネットに接続させることが可能です。複数の通信機器を同時に接続できることが、ポケットWiFiのメリットといえます。

 

ポケットWiFiのデメリット

  • 1.通信制限を設けていることが多い
  • 2.外で使う時はルーターを持ち歩く必要がある
  • 3.充電しないと使えなくなる
  • 4.固定回線と比べて電波が安定しない
  • 5.通信速度は固定回線より劣る

 

下記から、詳しく見ていきましょう。

 

デメリット@:通信制限を設けていることが多い

 

ひと括りに通信制限といっても、2つの種類があります。

  • ネットワーク混雑回避のための制限
  • 月間データ通信量上限を超えたときの制限

ネットワーク混雑回避のための制限ですが、WiMAXなら「3日間10GB」を超えると翌日から翌々日の混雑時間帯(18:00〜2:00)だけ通信速度が1Mbpsまで低速化してしまいます。

 

月間データ通信量上限は、スマホなどによくある「月間7GB」のことです。超過すると、翌月になるまで128Kbpsまで制限されてしまいます。

 

WiMAXの場合、オプションのau LTEを使って7GBを超えるとWiMAXまで制限がかかり、翌月にならないと解除されないので使用する時は注意しなければなりません。ポケットWiFiのデメリットは、通信制限があることです。

 

デメリットA:外で使うときはルーターを持ち歩く必要がある

ポケットWiFiは、WiFiルーターがないとインターネットに接続できなくなります。

 

外出するときにルーターを忘れてしまうと、外出先でインターネットは使用できません。スマホと同時に使う場合は、スマホと一緒にルーターを持ち運ばなければならず、荷物が増えてしまいます。

 

ルーターがないとインターネット接続できないことも、ポケットWiFiのデメリットです。

 

デメリットB:充電しないと使えなくなる

ポケットWiFiで利用するWiFiルーターは、充電式なので充電がないと使えません。

 

外出先でスマホの充電がないとスマホが使えなくなるのと同じで、WiFiルーターも充電がないと電波を送受信することができなくなり、インターネットは使えなくなってしまいます。

 

つまり、外出先ではスマホの充電だけでなくWiFiルーターの充電も気にしなければならなくなります。

 

充電しないと使えなくなることも、ポケットWiFiのデメリットです。

 

デメリットC:固定回線と比べて通信が安定しない

モバイル回線であるポケットWiFiは、電波が不安定になることがあります。

 

WiMAXの場合、建物の中や山間部などは電波の入りが悪く、通信が安定しなくなってしまうのです。場合によっては、通信が極端に遅くなったりインターネット接続ができなくなったりすることもあります。

 

一方の固定回線はケーブルによって接続されているので、災害などの影響でケーブルや装置に異常が発生しない限り、通信が不安定になることはほとんどありません。

 

電波が悪い時の対策(解決策)

基地局とルーター間ならパラボラアンテナを設置すると電波を広いやすくなり、ルーターと通信機器間ならUSBやLANケーブルなどと有線接続させることで接続がスムーズになります。

 

固定回線と比べて通信が安定しないことも、ポケットWiFiのデメリットです。

 

デメリットD:通信速度は固定回線より劣る

光回線は有線接続なので通信が安定しているため、ポケットWiFiより通信速度は速いといえます。

 

固定回線は1〜2Gbpsの高速通信が可能で、実測値も200〜400Mbpsと速いです。一方のポケットWiFiは理論値こそ1Gbps前後ですが、実測値は最高でも100Mbps前後に留まります。

 

高画質の動画の視聴などでは、明らかに光回線のほうがスムーズです。通信速度は固定回線に劣ることも、ポケットWiFiのデメリットといえます。

 

ポケットWiFiの利用がおすすめな人

今回の記事では、利用用途に応じたおすすめのポケットWiFiをご紹介しました。以下に、これまでの内容をまとめます。

 

  • 初期費用をおさえたい人
  • すぐにインターネットを使いたい人
  • 毎月のデータ通信量が多い人
  • 外出先でもインターネットを使いたい人
  • 安全にインターネットを使いたい人
  • さまざまなプランやサービスから選びたい人
  • 用途に合わせて端末を選びたい人
  • 複数の通信機器を同時に接続させたい人

 

今回ご紹介したメリットに多く当てはまる人は、ポケットWiFiを検討してみてください。当てはまらなかった人は、ホームタイプのWiFiや固定回線などを視野に入れてみましょう。

 

ポケットWiFiの利用用途別のおすすめとメリットデメリット記事一覧

「このネット回線「下り最大1Gbps出る」って書いてあるのに実際に使ってみたら全然速度が出てない」なんて経験をした人は多いのではないでしょうか。実際のところ「下り最大1Gbps」とあっても実際に使うときには100〜200Mbpsぐらいしか出ていないことがほとんどです。ただ、「1Gbpsの高速通信が可能!」と書かれてあると期待してしまいますよね。これはどのような仕組みになっているのでしょうか。その秘...

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ