BIGLOBE WiMAXの評価 メリットデメリット

BIGLOBE WiMAXの評価 メリットデメリット

BIGLOBE WiMAXの評価

 

biglob10

 

BIGLOBE WiMAXは、インターネット固定回線でも有名なプロバイダ(ISP)であるビッグローブが展開するWiMAXサービスです。

 

私自身も現役のBIGLOBE WiMAXユーザーですが、このプロバイダの強みはキャンペーン特典の充実度、サポート体制、大手プロバイダの安心感と3拍子揃っているところでしょうか。特にこだわりがなければ個人的には一押しのプロバイダです。

 

2015年3月よりWiMAX2(220Mbps)対応の最新端末WX01、W01もキャンペーン対象に入り死角がなくなりました。現在のキャンペーンの目玉は、26,000円のキャッシュバックの他、初期費用がかからずにWiMAX2を使い始められることなどでしょうか。

 

 

キャンペーン特典をチェック

 

BIGLOBE WiMAX2

 

biglob10

チェック 26,000円のキャッシュバック
チェック モバイルルーターが無料

チェック 最低利用期間24ヶ月

チェック auスマートバリュー対応

 

ルーター端末料金

月額料金

キャッシュバック

契約期間

無料(事務手数料3,000円)

3,695円

26,000円

24ヶ月

 

BIGLOBEに限らずWiMAX2のキャンペーン特典は月によって替わります。タイムリーなキャンペーン状況は公式サイトのキャンペーンページで確認してみて下さい。

 

ボタン


 

 

BIGLOBE WiMAXを利用するメリット

 

BIGLOBEから申し込むメリット

 

1、26,000円のキャッシュバック


 

BIGLOBEを利用する最大のメリットはキャッシュバック金額が高いため、UQ WiMAXや家電量販店など他の申し込み先で申し込むよりキャッシュバック分安くWiMAX2を使う事ができます。

 

今月のキャッシュバック金額はWiMAX時代から5年近くの歴史中で最高額になっています。

 

 

2、サポート対応が手厚いため初めて利用する人も安心


 

こちらは初めてWiMAXを利用する方向けですが、初期設定の手順等を電話で聞くことができます。その他、my biglobeという専用ページで様々な情報を確認する事ができます。

 

また、長年インターネットを利用している方はご存知でしょうが、(特に固定回線の)プロバイダは入りやすく、解約しづらいという伝統がありました。BIGLOBEの場合、解約手続きは電話やWEB上で数分でできますので安心です。

 

解約手続きは解約したい月の25日までに行いましょう。

 

 

注意点もチェック

 

キャッシュバックのもらい方&もらえる時期

 

キャッシュバック受取は時期は利用開始から13ヶ月目(例えば8月契約なら受取は翌年8月)です。
キャッシュバックの受取条件は2つ。

 

1、13ヶ月間WiMAX2を継続利用する事
2、アンケートに回答する

 

アンケートは申し込みから1週間前後で、BIGLOBEより申し込み時に登録した住所宛に書類送られてきます。その書類に記載されたURLに入り、スマホやPCで回答すれば完了です。時間はかかりませんので書類が届き次第すぐに回答してしまいましょう。

 

3年程前ですが、アンケートに回答し忘れてキャッシュバックをもらえなかった経験が私にもあります。レンタルビデオ屋が延滞料金の収入を見込んでいるように、プロバイダも一定数がアンケート回答忘れなどでキャッシュバックの受取権利を失効する事を計算していると思います。

 

他のキャッシュバック系のプロバイダのように複雑な処理はありませんので必ず回答しましょう!

 

 

解約方法について

 

BIGLOBEの解約方法は電話、もしくはWEB上(my biglobe)からでき、その日のうちに解約ができます。私は電話で解約をしましたが、3分で終わりました。

 

ただし、注意点が1点。
解約したい月の25日までに解約手続きをしないと当月中に解約ができません。BIGLOBEの場合、解約手続きを月初にしても当月いっぱいはWiMAX2を使う事ができますので、解約したい月の月初に解約手続きをすることをお奨めします。

 

特に、電話解約の場合、9時〜21時までが受付ですが夕方は電話が殺到して15分くらいつながらない事もあります(経験上、朝9時などにかけるとすぐつながりました)。25日ギリギリに解約するより余裕を持って解約手続きをしておきましょう。

 

 

BIGLOBEはこういう人に向いている

 

  • WiMAX2を他のプロバイダより安く利用したい方
  • 料金だけでなくサポート、アフターフォローの品質も求める方
  • auのスマートフォンを利用している方(auスマートバリューで月額が980円下がります)

 

BIGLOBEの場合、上記のキャンペーン適用条件として、公式サイトの「WEB広告限定ページ」からの申し込みが必要になります。違うページから申し込むと、タブレットなどキャンペーンが適用されない事があるので注意が必要です。

 

<BIGLOBE WEB広告限定ページ>

 

 

 

 

 

BIGLOBE WiMAX 2014年7月で申し込み終了

 

 

botana

チェック Kindle Paper white(タブレット)
チェック 月額料金が3,695円に(契約月の料金は無料)
チェック モバイルルーターが無料(※白ロム端末)
チェック 最低利用期間12ヶ月
チェック ファミ得パックの適用もOK

 

※白ロム端末とはBIGLOBE以外のプロバイダでも利用できるモバイルルーターという意味です。

 

ルーター端末料金

月額料金

キャッシュバック

契約期間

無料(事務手数料3,000円)

3,695円

なし
(Kindle無料)

12ヶ月

 

 

WiMAXかWiMAX2で悩んでいるなら

 

WiMAX2ののメリット大きく分けて3つです。
従来のWiMAXや、EMOBILEなどと比較しても、スピードが早い、利用可能なエリアが広がる、料金が安いです。

 

スピードが早くなる事もうれしいですが、それ以上に大きなメリットは、利用できるエリアが大幅に広がった事でしょう。WiMAX2は、WiMAX2、WiMAX、auLTEの3エリアに加えて、auのWi-Fiスポットを利用できます。

 

ですので、地方での利用や、地下街、ビルの中の飲食店など今までWiMAXが弱点としていた場所での利用が可能になります。

 

料金に関しては、初期費用や月額は同じなのですが、BIGLOBEの場合、WiMAX2プランを契約するとKindleに加えてキャッシュバックがつくため、トータルとして料金が安くなります。

 

WiMAX2プランのキャンペーン特典と料金

 

デメリットは、利用期間が2年になる事です。
ただし、現在はBIGLOBEではWiMAXの1年プランの取り扱いが終了しています。

 

 

WiMAX2+のエリアの問題

 

WiMAX2+は2014年1月現在、利用できるエリアは23区内と、千葉、神奈川の一部とまだ狭かったです。現在では、関東の1都3県、愛知(名古屋)、京阪神とエリアが順調に広がっています。2014年7月には、広島、福岡、札幌でも利用可能になりました。

 

また、従来のWiMAX、auのLTEを利用できるため、WiMAX2回線のエリアの狭さはさほど問題にならないように個人的には感じています。

 

 

UQ WiMAXの発表ですと、2014年3月に京阪神の都市部、2015年3月を目途に全国的に利用できるようになる模様です。WiMAX2のエリア拡張工事は、基地局を新規で作るものではないため、エリアの広がるスピードはWiMAX時代より早い可能性が高いです。現に、2014年7月の段階でエリアは計画通りに広がっています。

 

 

ただし、現在のWiMAX回線でも問題なく使えている方は、あえてWiMAX2に変更する必要はないかもしれません。また、当面は、WiMAXでつなぎつつ、WiMAX2+が自分の使う地域で利用できるようになったら乗り換えるというスタイルもありだと思います。

 

BIGLOBEのWiMAX2、WiMAX申し込み時のキャンペーン特典と料金


ホーム RSS購読 サイトマップ