このエントリーをはてなブックマークに追加 

ネクストモバイル(nextmobile)の評判と利用するメリット・デメリット

更新日:12月3日 ※口コミを追加

 

ネクストモバイル

 

以前はデータ通信量(ギガ)無制限プランがなかったため、30ギガ未満のデータ(ギガ)利用ならネクストモバイル、それ以上はどんなときもWiFiと相場が決まっている感がありましたが、、

 

ネクストモバイルに無制限プランができ、月額料金も3,100円と「どんなときもWiFi」の3,490円より安いため、様相が一変した感じです。

 

ネクストモバイルも、どんなときもWiFiも同じ会社(株式会社 グッド・ラック )が提供しているサービスですが、ネクストモバイルがどんなときもWiFiを明らかに意識した料金設定に変えてきています。※どんなときもWiFiの良い評判と悪い評判 利用してみての感想

 

また、ライバルの最右翼に上がるWiMAXと比べてもメリットが明確なため、今後伸びてくると個人的には思っています。

 

 

ネクストモバイルの料金プランと速度

ネクストモバイルには、3つのプランが用意されています。

 

月額 通信速度
20GBプラン 2,400円 下り最大150Mbps上り最大50Mbps
30GBプラン 2,700円 下り最大150Mbps上り最大50Mbps
使い放題プラン 3,100円 下り最大150Mbps上り最大50Mbps

※月額はキャンペーン適用後の金額
※下りはダウンロード。上りはアップロードの事です。
※ネットや動画の閲覧、Lineやメールの受信は下り、インスタ投稿やLineの送信などは上りです。キャンペーンは月額割引だけですので、自動的に適用されます。

 

月間のデータ量でプランが決められていて、データ量が多くなるほど料金は高くなっていきます。上記のプランに加えて、オプションが2つ用意されています。

オプション
月額 内容
安心サポート 300円 ルーターの自然故障の修理が無料
My Nextサポート 907円 設定サポート、メール、セキュリティの3つがセット

※安心サポートの自然故障は水漏れ・紛失は対象外
※オプションはつけなくても大丈夫

 

ネクストモバイルを検討する場合、WiMAXとどんなときもWiFiが比較対象になると思います。3サービスをの特徴を簡単な表にすると以下の感じです。

 

ネクストモバイル どんなときもWiFi WiMAX
月額料金 3,100円 3,480円 3,880円
2年間の合計金額 77,400円 86,520 108,120
速度

下り最大
150Mbps

下り最大
150Mbps

下り最大
1,2GB

実測値
速度制限 なし なし 3日10GB
契約期間 2年 2年 2年
エリアの広さ ×
端末の性能 ×
プラン変更 不可 プランが1つ

WiMAXと比べると

速度以外はほぼネクストモバイルの勝ちです。WiMAXは回線とルーター性能がいいため、ネクストモバイルよりも速度が出ます。と言っても、ネクストモバイルも実測値の平均で20.7Mbps出ていますので、普通に使う分には全く問題ない数値です。

 

どんなときもWiFiと比べると

i料金を優先させるなら「ネクストモバイル」、通信速度なら「どんなときもWiFi」かなと言う印象です。特に20GB・30GBプランはどんなときもWiFiと比べて月額料金が1,000円近く安いため、利用するデータ量(ギガ)がわかっている方に向いています。

 

また、使い放題プラン(データ無制限)でもどんなときもWiFiと比べて300円安いですが、ここは悩みどころかなと思います。速度や海外での利用があれば「どんなときもWiFi」、料金や端末を買い取りたいならネクストモバイルと言ったところでしょうか。

 

ネクストモバイルを申し込む際は、契約の途中(2年縛り)でプラン変更ができない点に注意が必要です。自分の利用するデータ通信量(ギガ)がわからない方や自宅の固定回線として使いたい方は、「使い放題」で申し込んでおくのが無難かなと思いもす。

 

現在の料金やタイムリーなキャンペーンの内容は公式サイトで確認ができます。

 

ボタン

 

利用者からの口コミと悪い評判・良い評判

利用者からの口コミ

クラウドソーシングサービスで実際にネクストモバイルを利用している方から口コミを集めました。サービス開始から間もないため、口コミが集まりづらいのですが、1つの参考になるかと思います。 当サイトでは現在も口コミを集めておりますので、ご協力いただける方はお問い合わせフォームより投稿いただけると助かります。

 

ネクストモバイル ルーター

  • 利用端末:FS030W
  • 主な利用場所:北海道
  • 満足度(10点満点):7点
  • 契約理由:ギガ量が多くて、値段もそこまで高くなく、電波が来ていた。田舎なのでなかなか使えるWi-Fiが限られるため
  • 速度:田舎でWi-Fiが限られるから他のがわからないけど、速度は普通かな、家の場所によっては電波が悪かったりする。
  • 料金・キャンペーン:料金はそこまで高いとは感じません、お試しもできるし通信エリア内でも使えなかったりしたら返品出来ますって言ってたので、使おうって思えた。
  • 不満な点:ギガが限られる事はしょうがないのかな?途中でギガ数変えれないのがちょっと不便

 

fs030w

  • 利用端末:FS030W
  • 主な利用場所:秋田県
  • 満足度(10点満点):9点
  • 契約理由:30ギガで2年間3500円位で契約できたことと、口座振替で料金が支払えるのが選んだ理由です。
  • 速度:他のwifiと比べると制限を超えてもスラスラ動画みる事ができ、快適でした。ストレスなく使えて満足です。
  • 料金・キャンペーン:キャンペーン中に申し込むと、端末料金が無料で申し込めることです。できれば、2年以降も月額料金変わらずだったら良かったなと思いました。
  • 不満な点:二年以降の料金は上がらないでそのままで、継続できないのかなと思ってます。

 

ネクストモバイル ルーター端末1

  • 利用端末:FS03W
  • 主な利用場所:東京都
  • 満足度(10点満点):9点
  • 契約理由:値段の安さです。使用可能なギガ数に対して利用料金が割安だったので選びました。今の状況だと月に20ギガで十分。それだけ使えて3000円を切るのは大きいので選びました。
  • 速度:特に不満もなく使えています。都内では遅くなるようなエリアも今のところ遭遇しておらず快適に使えています。
  • 料金・キャンペーン利用料金が割安なのは最初の2年なので、それ以降は利用料金が上がります。なので一度解約したり、他の会社に移ったりしないとお得に使い続けることはできません。
  • 不満な点:ルーターが大きいこと。そして選択肢がないことです。その分バッテリーが大きく電池が長くもつという利点はありますが、ポケットに入れておくにしても少し重いです。

 

ネクストモバイル 端末

  • 利用端末:FS03W
  • 主な利用場所:兵庫県
  • 満足度(10点満点):7点
  • 契約理由:ポケットWi-Fiを探していたのですがどれが良いのか正直分からず、たまたまその時に友人が使っていたWi-Fiがネクストモバイルだったので、ネットで検索しました。

    初月割引キャンペーンをやっていた事もあり契約しました。

  • 速度:特に不自由に感じる事もなく、スムーズに作動します。たまに遅い時がありますがほとんどストレスに感じる事はありません。
  • 料金・キャンペーン:キャンペーンに釣られて契約した身としては、初月の割引キャンペーンはとても魅力的でした。特にWi-Fiに拘りがない人にはキャンペーンはあった方が契約すると思います。
  • 不満な点:アプリを入れる事にメリットがあるかが不明です。使用状況や接続状況が確認できますがそれ以外に使った事もなく、アプリを起動することもほとんどないのでもう少し実用的なものだといいなと思ってます。

 

ネクストモバイルの良い評判

「光回線の工事ができない」「他社のモバイルWi-Fiがつながりにくい」といった場所でも快適に使えるうえ、スマホの料金も節約できるという口コミがありました。

 

通信速度に関しても「問題のない速さ」なので、インターネットや動画などの利用ならストレスなく楽しむことができます。

 

 

通信速度の速さや電波の安定だけでなく、ルーターのバッテリー時間が長いという意見もありました。

 

 

ネクストモバイルの悪い評判

データ通信量が多くても、光回線やWiMAXのように固定回線としては使いにくいという意見がありました。

 

 

ソフトバンクの電波が弱い場所では、快適に使えないこともあります。中には、手作りのアンテナで電波を確保しているという人もいました。

 

 

雨の日の午後は、ネクストモバイルの応答速度(Ping値)が遅くなることもあるようです。ちなみに、Ping値が100ms(0.1秒遅れる)を超えると「かなり遅い」といわれています。

 

 

ネクストモバイルを利用するメリット

  • 1.直近3日のデータ通信量に制限がない
  • 2.契約期間は2年間
  • 3.人口カバー率が高い
  • 4.利用料金が安い
  • 5.他社への乗り換え時は負担が少ない
  • 6.端末代が無料
  • 7.ホームタイプのルーターもある
  • 8.バッテリー性能が優れている
  • 9.電話サポートが充実している
  • 10.手厚い補償オプションが用意されている
  • 11.端末の到着が早い
  • 12.配送先や配達日時を指定できる

下記から、詳しく解説していきます。

 

メリット@:直近3日のデータ通信量に制限がない

ネクストモバイルには、WiMAXやワイモバイルのように「3日間で10GB」の制限がありません。

 

2019年11月から追加された「使い放題プラン」も例外ではないため、ほかの20GB/30GBプランと同様に制限を気にすることなくインターネットが使えます。

 

通信制限の基準
  • ネクストモバイル:なし
  • UQ WiMAX:3日間で10GB
  • ワイモバイル:3日間で10GB

「月々のデータ通信量が多い」「休日は動画やゲームで一気に通信量を消費する」といった人には、ネクストモバイルが向いています。

 

メリットA:契約期間は2年間

長期間の契約に縛られるのが嫌な人には、ネクストモバイルがおすすめです。WiMAXなどのモバイルWi-Fiは3年契約が主流になっていますが、ネクストモバイルは2年契約のままだからです。

 

3年経つと、バッテリーの消耗が激しかったり、最新端末と比べてルーターのスペックが大きく見劣りしたりします。2年間の契約期間なら、機種変更のほか他社への乗り換えや解約も検討できます。

 

メリットB:人口カバー率が高い

つながりやすさを重視するなら、ネクストモバイルがぴったりです。ネクストモバイルは、人口カバー率99%のソフトバンク回線を利用しているからです。

 

WiMAXの電波と比べても、ソフトバンクの電波のほうがエリアは広いことがわかります。

 

WiMAXとソフトバンクのエリア比較

 

WiMAXは山間部や屋内といった場所ではつながりにくいですが、ソフトバンクの電波を利用したネクストモバイルならこれらの場所でもスムーズにつながります。対応エリアが広いことも、ネクストモバイルのメリットです。

 

ソフトバンクの電波がつながりやすい理由

理由は、大きく2つあります。

  • 基地局の数が多い
  • 幅広い周波数帯域を使っている

ソフトバンクの基地局の数は126,500局もあるのですが、これはWiMAX基地局(UQ コミュニケーションズ)63,500局の約2倍です。基地局が多いということは、広い範囲に電波が広がります。

 

各キャリアの基地局の数

※総務省:携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況調査の評価結果より

 

電波の特性も対応エリアの広さに関係しているのですが、ソフトバンクは低周波数帯域の電波まで使っています。低周波数帯域の電波は、山や建物といった障害物を回り込める特性があります。

 

以上の理由により、ソフトバンクの電波はWiMAXよりもつながりやすいのです。

 

メリットC:利用料金が安い

「月間上限あり」「使い放題」ともに、安く使うことができます。

 

たとえば、20GB/30GBプランなら7GBプランが用意されたWiMAX系プロバイダやワイモバイルより安く、使い放題プランにおいてもWiMAXどんなときもWiFiより安いのです。

 

月間上限ありのプラン
ネクストモバイル GMOとくとくBB ワイモバイル
月間容量 20GB 7GB 7GB
月額料金 2,400円 3,609円 3,696円
2年間の総額 60,600円 89,616円 91,704円

使い放題の料金を比較
ネクストモバイル UQ WiMAX どんなときもWiFi
月額料金 3,100円 3,880円 3,480円
2年間の総額 77,400円 110,120円 86,520円

※上記2つの「2年間の総額」は初期費用やキャッシュバックを含む

 

月間上限のあるプランの場合は月額容量も多いうえに料金も安いことから、他社と比べてよりお得であることがわかります。

 

使い放題プランも後発だけあって他社より安く、どんなときもWiFi同様に制限がありません。「使い放題プランを安く使いたい」という人にもぴったりです。利用料金が安いことも、ネクストモバイルのメリットといえます。

 

メリットD:他社への乗り換え時は負担が少ない

2019年11月現在、ネクストモバイルは「いつでも解約サポート」を実施中です。

 

このキャンペーンを利用することで、違約金なしで他社へ乗り換えることができます。

 

ネクストモバイルを契約したものの、「通信速度が遅い」「使い勝手が悪い」などの理由に乗り換えたくなっても、他社を紹介してもらえば無料で解約できるのです。

 

モバイルWiFiだけでなく光回線も用意されているので、固定回線への乗り換えを検討している人であっても負担をおさえた乗り換えができます。

 

なお、「いつでも解約サポート」によって違約金なしで乗り換えられる回線は、電話やメールで知ることが可能です。他社への乗り換えの負担が少ないことも、ネクストモバイルのメリットです。

 

いつでも解約サポートの注意点
  • ネクストモバイル窓口から乗り換えを申し込むこと
  • 新しく契約したサービスを初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金がかかる
  • 違約金のみが免除される(事務手数料などは返金されない)
  • 解約までに開通しない場合は違約金を一旦支払っておかなければならない
  • 契約内容によっては端末の返却が必要
  • 乗り換え後に同じサービスに戻すことはできない

上記を踏まえたうえで、「いつでも解約サポート」を利用しましょう。

 

メリットE:端末代が無料

2019年12月現在、「端末代金無料キャンペーン」が実施されているからです。

 

電気通信事業法改正の影響で、申し込み時に端末代が発生する他社プロバイダや通信サービスが増えています。しかし、ネクストモバイルなら同キャンペーンにより無料で端末が手に入るのです。

 

端末代金
  • ネクストモバイル:無料
  • UQ WiMAX:15,000円
  • ワイモバイル:10,800円

※最新機種の代金

 

他社で端末を購入する場合の相場は、15,000〜30,000円ほどです。

 

端末代は一括または分割払いで、分割払いは解約時に残り代金を清算しなければなりません。どんなときもWiFiのようなレンタルWiFiなら端末代はかかりませんが、解約時の返却があって面倒です。

 

端末代が無料であることも、ネクストモバイルのメリットといえます。

 

メリットF:ホームタイプのルーターもある

ネクストモバイルには、モバイルタイプだけでなくホームタイプの「TH-100LN」というルーターもあります。

 

ネクストモバイル HT100LN

引用:ネクストモバイル

 

ホームタイプのルーターは、以下のようなメリットがあります。

  • 固定回線よりも安く利用できる
  • 光回線を導入できない住宅でも使える
  • 回線工事が不要なので初期費用が安くすぐに使える
  • 引っ越しのときは簡単な手続きとルーターの持ち運ぶだけ
  • ケーブル類がごちゃごちゃしない
  • 初期設定が簡単
  • デザインがおしゃれだからインテリアに馴染む

さらに詳しい説明は
HT100LNの特徴としては、ホームタイプのルーターとしてはコンパクトなこと、電波状況や節約状況をランプの色で教えてくれるので離れていてもわかることなどです。

 

ネクストモバイル HT100LN

引用:ネクストモバイル

 

「外出時はスマホの月間上限だけで問題ない」「固定回線をもっと安く利用したい」というような人は、ネクストモバイルのホームルーターが向いています。ホームタイプのルーターを選べることも、ネクストモバイルのメリットです。

 

ネクストモバイル端末のスペック
機種 FS030W HT100LN
製造元 富士ソフト NECプラットフォーム
サイズ(幅×高さ×厚さ) 74.0×74.0×17.3mm 130×130×37mm(突起部除く)
重さ 約128g 約200g
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n/ac
インターフェイス/電源 USB2.0 AC100V±10% 50/60Hz
通信速度 下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps 下り最大:150Mbps/上り最大:50Mbps
同時接続台数 15台 10台
消費電力 - 最大約6W
VCCI - VCCI クラスB
国際ローミング - 非対応

メリットG:バッテリー性能が優れている

モバイルタイプのFS030Wは、バッテリー性能に優れています。FS030Wの連続通信時間は約20時間で、WiMAX最新機種の「W06」やどんなときもWiFiの「D1」よりも長い時間使用することが可能です。

 

連続通信時間
  • FS030W:約20時間
  • W06:約9時間
  • D1:約12時間

他社のモバイルWiFiと比べて、約2倍前後ものバッテリー性能を持っていることがわかります。長時間バッテリーにより、外出先でも充電切れの心配がなく安心して使うことができるのです。

 

「外出先でインターネットを使うことが多い」「旅行にもモバイルWiFiが欠かせない」という人には、ネクストモバイルのFS030Wをおすすめします。バッテリー性能が優れていることも、ネクストモバイルのメリットです。

 

メリットH:電話サポートが充実している

ネクストモバイルは、電話でのサポートにも対応しています。しかも、他社の電話サポートと比べてもそん色のない内容なので、万が一のときにも安心です。

 

ネクストモバイル GMOとくとくBB どんなときもWiFi
受付 10:00〜20:00 10:00〜19:00 11:00〜18:00
対応時間 10時間 9時間 7時間
休日 年末年始

技術:なし
事務手続き:平日以外

日曜日、年末年始

UQ WiMAXやワイモバイルといった大手は12時間・年中無休があることが一般的ですが、上記の3社と比較すればネクストモバイルが最も受付の日時が長いことがわかります。

 

「電話サポートを利用することが多い」「サポートは厚いほうがいい」という人でも、ネクストモバイルなら十分なサポートがあります。(WEBでの問い合わせにも対応している)電話サポートが充実していることも、ネクストモバイルのメリットです。

 

メリットI:手厚い補償オプションが用意されている

ネクストモバイルには、2つの補償オプションが用意されています。

 

オプション名
  • 安心サポート:月額300円
  • My NEXTサポート:月額907円

 

下記から、詳しく解説していきます。

 

安心サポート

 

 

引用:ネクストモバイル

 

安心サポートは、取扱説明書などの注意書きに従った正常な使い方をしていて端末に異常が出たときに、無料で修理してもらうことができます。

 

他社プロバイダや通信サービスでは補償オプションに加入していても負担金が発生することもありますが、ネクストモバイルなら無料で修理してもらえることが魅力です。「端末を使う頻度が高い」「せっかくの補償なのに端末代を負担するのは嫌」という人には、ネクストモバイルの補償オプションへの加入をおすすめします。

 

ただし、紛失、盗難、水漏れのほか、契約者でカスタムして失敗したような場合は補償されないので、安心サポートに加入していても端末の取り扱いには注意しましょう。

 

My NEXTサポート

 

引用:ネクストモバイル

 

My NEXTサポートは、3つのサービスをトータルで受けることができます。

  • PCプレミアムサポート:PC周辺機器のトラブルを電話や遠隔操作で365日サポート
  • NEXTmobileメール:スパム/ウィルスフィルタに対応したメールサービス
  • セキュリティソフト:KINGSOFT Internet Securityソフトの使用

モバイルWiFiだけでなく、「パソコンやタブレットを使うのが初めてで、設定やセキュリティのことがよくわからない」という人にはMy NEXTサポートが便利です。

 

手厚い補償オプションがあることも、ネクストモバイルのメリットといえます。

 

メリットJ:端末の到着が早い

ネクストモバイルは、関東なら最短で1日後には端末を受け取ることができます。他社と比べて、少しだけ早く端末を受け取ることが可能です。

 

ネクストモバイル UQ WiMAX どんなときもWiFi
到着日

関東エリア:1日後
本州・四国エリア:2日後
北海道・九州・沖縄:3日後

最短2〜3日

関東エリア:1日後
本州・四国エリア:2日後
北海道・九州・沖縄:3日後

どんなときもWiFiと比べると差はありませんが、UQ WiMAXより早く受け取れることがわかります。

 

「少しでも早くモバイルWiFiを使いたい」「ネット環境が整っていない」という人は、すぐに使えるネクストモバイルが便利です。端末の到着が早いことも、ネクストモバイルのメリットといえます。

 

メリットK:配送先や配達日時を指定できる

ネクストモバイルは、配送先や配送日時の指定が可能です。他社プロバイダや通信サービスの場合は指定できないことが多く、指定できても一部にしか対応していないことがあります。

 

配送先/日時の指定
  • ネクストモバイル:可
  • UQ WiMAX:配送先は可・日時は不可
  • ワイモバイル:不可

「自宅はいないことが多いので近隣の実家に送ってほしい」「仕事で帰りが遅いので時間を指定したい」という人は、配送先や時間指定をするとスムーズに受け取れます。

 

配送先や配送日時を指定できることも、ネクストモバイルのメリットです。

 

 

ネクストモバイルを利用するデメリット

  • 1.解約手数料が高額
  • 2.データ量の無制限プランがない
  • 3.口座振替の申し込みは審査が必要
    • 機種の数が少ない
    • 下り速度が遅い
    • 25ヶ月以降には月額料金が上がってしまう
    • プランの変更ができない
    • 違約金が高額
    • 「使い放題プラン」は口座振替に対応していない

    下記から順に、詳しくみていきましょう。

     

    デメリット@:機種の数が少ない

    ネクストモバイルのルーターは、FS030WとHT100LNの2機種しかありません。他社の場合は、5機種前後は揃っていることがほとんどです。

     

    選べる端末の種類
    • ネクストモバイル:2機種
    • UQ WiMAX:6機種
    • ワイモバイル:6機種

    たとえば、上記のUQ WiMAXならモバイルタイプとホームタイプが各3機種とバランスよく揃っています。通信速度やバッテリー性能など、多くの選択肢から重視したい機種を選ぶことが可能です。

     

    しかし、ネクストモバイルは2機種しかないので選択肢はほとんどありません。たくさんの機種の中から選びたい人は、他社の通信サービスを検討したほうがいいでしょう。ネクストモバイルのデメリットのひとつは、機種の数が少ないことです。

     

    デメリットA:下り速度が遅い

    理論値も実測値も、ネクストモバイルの下り速度は速くありません。ネクストモバイルのモバイルWiFiであるFS030Wは、WiMAXのW06やどんなときもWiFiのD1といった他社の端末と比べて下り速度が遅いのです。

     

    通信速度 FS030W W06 D1(旧U2s)
    理論値 下り最大 150Mbps 1,237Mbps 150Mbps
    上り最大 50Mbps 75Mbps 50Mbps
    実測値 下り平均 20.71Mbps 31.49Mbps 23.51Mbps
    上り平均 9.44Mbps 3.8Mbps 12.32Mbps

    ※実測値は「みんなのネット回線速度」のデータを引用

     

    特に実測値では、3社の中で最も遅く理論値の通信速度では同じであるD1に対しても、下り/上りともに劣っていることがわかります。ただし、他社を検討する必要があるほど通信速度が極端に遅いわけではありません。

     

    下り速度が遅いことも、ネクストモバイルのデメリットです。

     

    理論値は「回線事業者が提示する最大限のスピード」のこと

    理論値は、ベストエフォート値とも呼ばれています。

     

    あくまで回線事業者が提示する最大限のスピードのことです。つまり、最良の条件が整わないとその通信速度は出ないということになります。(ベストエフォート=最大限の努力をするという意味)※時間帯やエリアなど条件によって速度は異なるため、実測値にもバラつきはある

     

    つまり、日常でベストエフォート値に近い速度が出ることはなく、実際に近い数値を求めるなら実測値を参考にしたほうが現実的なのです。ベストエフォート値の詳細

     

    以上の内容を踏まえて、通信速度を確認してください。

     

    下り/上り速度の速さが与える影響
    • 下り速度とは:受信/ダウンロード インターネット上からデータやファイルをスマホやパソコンに受信するときの回線速度のこと
    • 上り速度とは:送信/アップロード スマホやパソコンからデータやファイルをインターネット上に送信するときの回線速度のこと

     

    利用頻度の高さから、上りよりも下りを重視することが一般的です。

    ネクストモバイルはこの下り速度が遅く、他社と比べてWEBページの閲覧や動画の視聴が他社より時間がかかってしまいます。(ただし、他社との速度差は少ないので体感ではほとんどわからない)

     

    上りと下りのイメージ

     

    逆に上り速度は速いので、メールの送信やSNSの投稿ならスムーズに行えます。通信速度を重視するなら、上記の点を踏まえたうえで通信サービスを選びましょう。

     

    デメリットB:25ヶ月以降には月額料金が上がってしまう

    ネクストモバイルは、契約期間である2年を超えると月額500円上がります。契約から24ヶ月目までは毎月500円の割引が適用されるのですが、25ヶ月目以降は割引が適用されなくなって通常料金に戻ってしまうのです。

     

    「ずっと安く利用したい」「2年以上使い続けたい」という場合、かえって多くの料金を支払わなければなりません。ただし、25ヶ月目以降の料金でも他社と比べると十分安い料金を保っています。

     

    ネクストモバイル UQ WiMAX どんなときもWiFi
    1〜24ヶ月目 3,100円 3,880円 3,480円
    25ヶ月目以降の月額料金 3,600円 3,880円 3,980円

    ※使い放題プランで比較
    ※上記3社は25ヶ月目以降から自動更新した場合の料金

     

    25ヶ月目以降に月額料金が上がってしまうことも、ネクストモバイルのデメリットです。

     

    デメリットC:プランの変更ができない

    一度契約してしまうと、途中からプランの変更ができません。ネクストモバイル公式サイトの目立つところではなく、契約時の注意事項にある「NEXTmobileサービス契約約款」に記載されています。

     

    他社は、契約期間中でも契約内容を変更できる場合がほとんどです。

     

    期間中の契約変更
    • ネクストモバイル:不可
    • UQ WiMAX:可 my UQ WiMAXから変更可能
    • ワイモバイル:旧プランから変更可能 ※違約金が発生 (現行プランは1種類のみ)

    月20GB/30GBプランでは、月間容量を超えてしまうと「1,000円/1GBをチャージ」といった制度がないので、月末までは128Kbpsの低速化を我慢しなければなりません。

     

    月々のデータ使用量が多いようなら、はじめから使い放題プランに加入しましょう。途中でプランの変更ができないことも、ネクストモバイルのデメリットです。

     

    デメリットD:違約金が高額

    ネクストモバイルは、解約するタイミングによって違約金が異なります。

    • 1〜12ヶ月目:19,000円
    • 13〜24ヶ月目:14,000円
    • 26ヶ月目以降:9,500円

    26ヶ月以降というのは、自動更新によってさらに2年の契約が結ばれてからの解約を指します。(ネクストモバイルは2年契約)

     

    ネクストモバイル 解約金のイメージ

     

    他社の違約金と比べると、ネクストモバイルは高額な部類に入ります。

    • ネクストモバイル:9,500〜19,000円
    • UQ WiMAX:1,000円
    • BIGLOBE WiMAX:0円

    「途中で解約するかもしれない」「お試しで利用してみたい」という場合は、違約金が高額なネクストモバイルを契約するのはリスクがあります。違約金が高額であることも、ネクストモバイルのデメリットです。

     

    デメリットE:「使い放題プラン」は口座振替に対応していない

    ネクストモバイルには3つのプランがありますが、口座振替に対応しているのは20GB・30GBプランだけで使い放題プランには対応していません。

     

    また、毎月200円の口座振替手数料がかかります。

     

     

     

    引用:ネクストモバイル

     

    他社の場合は、プランによって支払方法が限定されることはありません。

     

    口座振替への対応状況
    • ネクストモバイル:△ 一部プランは未対応
    • UQ WiMAX:〇
    • どんなときもWiFi:〇

    つまり、ネクストモバイルの使い放題プランを申し込みたくても、クレジットカードを作成しないと契約することができないのです。使い放題プランが口座振替に対応していないことも、ネクストモバイルのデメリットといえます。

     

    ネクストモバイルとWiMAXの比較

    ネクストモバイル WiMAX
    短期間の制限なし ×
    契約期間の短さ
    エリアの広さ ×
    利用料金の安さ
    端末代金の安さ
    サポート
    オプション
    端末の到着
    端末の種類 ×
    通信速度 ×
    プランの変更 ×
    違約金の安さ ×

    ※△:プロバイダによって異なる
    ※〇、×はネクストモバイルとWiMAXを比較したときの評価

     

    ネクストモバイルとWiMAXなら、ネクストモバイルのほうがおすすめです。理由は、やはり「料金の安さ」や「エリアの広さ」などはネクストモバイルが優れているからです。ただし、ネクストモバイルは違約金が高い点は弱点といえます。

     

    WiMAXもUQ WiMAXのように違約金が1,000円と安いプロバイダはあるのですが、端末代を申し込み時に購入する必要があったり利用料金が高かったりするのです。

     

    エリアの広さはLTEオプションを使うことでカバーできるのですが、利用には条件があります。

    • 使った月は1,005円のオプション料を支払う
    • auスマートバリューmineでオプション料を無料にする
    • 3年契約のプロバイダに申し込む(GMOとくとくBBやBroad WiMAXなど)

    以上の点から、料金や使い勝手を踏まえるとネクストモバイルに軍配が上がると私は考えます。

     

    ネクストモバイルとどんなときもWiFi どちらを選ぶべきか

    ネクストモバイル どんなときもWiFi
    短期間の制限なし
    契約期間の短さ
    エリアの広さ
    利用料金の安さ
    端末代金の安さ
    サポート
    オプション
    端末の到着
    端末の種類 ×
    通信速度
    プランの変更 ×
    違約金の安さ
    支払方法の多さ ×

    ※〇、△、×はネクストモバイルとどんなときもWiFiを比較したときの評価

     

    料金を優先させるなら「ネクストモバイル」、通信速度なら「どんなときもWiFi」です。

     

    両者とも運営元が同じでサービス内容が似ているのですが、料金ならネクストモバイルが安く通信速度ならどんなときもWiFiが速いという違いがあります。

     

    また、ホームタイプのルーターを用意しているのはネクストモバイルだけなので、固定回線のような使い方をするにもネクストモバイルのほうが向いています。
    「料金」と「性能」、どちらを求めているかによって決めるのがいいでしょう。

     

    ネクストモバイルの解約方法

     

    ネクストモバイルの解約は、大きく2つの方法に分かれます。

    • 1.初期契約解除
    • 2.更新月または契約途中での解約

     

    下記から、順番に詳しく解説していきます。

     

    解約方法@:初期契約解除の手順

    • 1.「初期契約解除申請書」を用意する
    • 2.返送物を用意する
    • 3.必要なものを同梱して返送する

    下記から、順番にみていきましょう。

     

    手順@:「初期契約解除申請書」を用意する

     

    ネクストモバイルの「初期契約解除申請書フォーマット」から、申請書を印刷します。または、自分で書面を用意します。(記入事項が書かれていれば自前でも申請可能)

     

    印刷した申請書に、以下の4点を記入します。

    • サービス契約書面に記載の契約ID
    • 契約者名
    • 契約電話番号
    • 契約者住所

    「サービス契約書面」とは、契約時に渡された契約書のことです。同書面に記載されている「契約ID」を、初期契約解除申請書に記入します。

     

    手順A:返送物を用意する

     

    返送に必要なもの(端末一式)は、以下のとおりです。

    • 初期契約解除申請書
    • 契約の端末
    • USBケーブル(モバイルルーターの場合)
    • 電源ケーブルとLANケーブル(ホームルーターの場合)
    • 取扱い説明書
    • 個装箱

     

    なお、以下のいずれかに該当すれば機器損害金として15,000円が請求されてしまいます。

    • 端末一式の返送が8日を過ぎてしまった場合
    • 端末一式に欠品がある場合
    • 返送した端末が破損・故障していた場合

     

    手順B:必要なものを同梱して返送する

     

    必要なものを同梱して、ネクストモバイルの「サポートセンター」へ返送します。

     

    返送先は、「〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F グッドラックサポートセンター」です。端末一式の箱に貼る「送り状」の備考欄には、「初期契約解除」と記載します。

     

    なお、月額利用料は返金されて解約手数料も必要ありませんが、契約手数料の3,000円は返金されないうえに返送に必要な費用を負担しなければなりません。

     

    解約方法A:更新月または契約途中での解約

     

    更新月または契約途中での解約は、「申請フォーム」「電話」のどちらかを選べます。

     

    申請フォームからの解約は、「ネクストモバイルのお客様ページ」から手続きを行えます。ログインにはIDとパスワードが必要ですが、これは契約時の契約書に記載されています。

     

    ログインすると「ご契約解除申請フォーム」が表示されるので、登録時の情報を入力して確認画面を進むと申請が完了です。電話の場合は、サポートセンターの専用ダイヤル(0120-020-015)へ連絡します。

     

    担当オペレーターに解約の旨と登録時の情報を伝えたら、手続きが完了します。

     

    解約時の注意点

     

    受付の締め切り日は毎月20日で、21日以降はシステムの都合で受付されないことです。ただし、20日が日曜日の場合は翌営業日が締切日となります。

     

    20日を過ぎてしまうと、解約ができないうえに翌月の1日に再び連絡する必要があります。ネクストモバイルを解約するのであれば、早めに連絡することをおすすめします。

     

    筆者の目 ネクストモバイルはアリだが・・

     

    ネクストモバイルは、スマホの料金に比べて安く電波も安定していることが大きな魅力です。無制限のデータ通信量を求めなければ、バランスに優れているといえます。

     

    ただし、使用する地域や環境によっては使いにくいことがあるかもしれません。また、現在では同じ会社から「どんなときもWiFi」と言う同じ速度で、通信量が無制限で使える端末が出ています。

     

    どんなときもWiFiの料金は、ネクストモバイルの30ギガと同じ料金ですので、30ギガ以上利用するのであればネクストモバイルを選ぶ理由がない状態です。

     

    ネクストモバイルの運営会社

    ネクストモバイルは、「株式会社グッド・ラック」が運営しています。

    運営会社HP https://good-luck-corporation.co.jp/
    設立日 平成22年3月17日
    本社住所 〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2
    電話番号

    0570-015-154(総合ナビダイヤル)
    0120-020-015(解約専用フリーダイヤル)
    ※上記番号からの申し込みは不可

    E-mail support@next-mobile.jp
    事業内容

    インターネット接続サービス
    インターネット会員サービス
    その他インターネット関連事業

    事業者区分 D-27-00408

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ