カシモWiMAXの評価 キャンペーンの注意点とメリットデメリット

カシモWiMAXの評価 キャンペーンの注意点とメリットデメリット

カシモWiMAXの評価

 

2017年10月よりEMモバイルがMVNOとなったカシモWiMAXが始まりました。

 

キャンペーンの特徴は、月額を大幅に割引するキャンペーンを打っている事です。まだ始まったばかりのサービスですので評判がほとんどないのですが、同じ月額割引をしているBroad WiMAXと比べても月150円くらいは安い計算です。

 

私は1年後にプロバイダ(MVNO)を乗り換えますが、カシモWiMAXも当然選択肢です。ただ、他のプロバイダと比べてデメリットもありますのでそこを理解した上で申し込まないと後悔する可能性があるなと言う感想です。

 

キャンペーン特典をチェック

 

カシモWiMAX

  • 月額料金大幅割引
  •  

  • モバイルルーター端末無料(W04、L01、Triprouter)
  • ※端末は新古品との事です。充電器は1,800円で別売。

     

  • 契約月は月額無料
  • ※24ヶ月契約だが契約月はカウントしないため実際は25ヶ月契約

 

初期費用

契約月

1、2ヶ月目

3〜24ヶ月目

2年間合計料金

ギガ放題

\3,000

\0

\1,380

\3,380

\80,120

フラットツープラス

\3,000

\0

\1,380

\2,680

\64,720


カシモWiMAXの公式サイトでは2年間総額77,120円と書かれていますが、契約手数料の3,000円が抜けているため実際は80,120円です。

 

料金プランは他のWiMAXと同じく、利用量に応じて2種類ありますが、月単位で無料で変更ができますし、最初の2ヶ月は月額が変わりません。申し込む時は、月間の利用量に制限のないギガ放題で申し込み、自分の利用量が月に7GB以下なら3ヶ月目からフラットツープラスに戻す方法がベストでしょう。

 

WiMAXは月によってキャンペーン内容が変わる事がありますので、カシモWiMAXの現在のキャンペーン内容等は公式サイトを確認してみて下さい。

 

<カシモWiMAX 公式サイト>

 

 

カシモWiMAXを利用するメリットとデメリット

 

メリット

 

月額料金の安さにつきます。同じ月額割引キャンペーンを展開しているBroad WiMAXと比べても契約期間の2年間の合計料金は約3,000円安いです。

 

初期費用

1、2ヶ月目

3〜24ヶ月目

2年間合計料金

カシモWiMAX

\3,000

\1,380

\3,380

\80,120

Broad WiMAX

\3,000

\2,726

\3,411

\83,494

UQ WiMAX

\3,000

\3,696

\4,380

\106,068

 

So-netなどキャッシュバック型のキャンペーンですとカシモWiMAXより安いプロバイダはありますが、キャッシュバックは受取手続きが必要なためもらい忘れリスクがあります。

 

ただ、安さにどうしてもこだわるのであれば、他のプロバイダと比較しながら申し込み先を決めるのもありだと思います。WiMAX 各プロバイダの料金、特徴、キャンペーン特典一覧表

 

 

デメリットや注意点

 

1、端末の選択肢が少ない&新古品

具体的にはWX03の取り扱いがない事です。auエリアを使うのであればW04で問題ないのですが、auエリアを使わない人に取ってはW04を選ぶメリットはほぼありません。

 

W04はWX03に比べてバッテリーの持ちが悪いため、1日使うのであれば待機モードを駆使するなど節電を考える必要があります。サイズも一回り大きく重いため、特に女性の方は片手で操作しずらいかなと思います。

 

<W04とWX03のスペック比較表>

W04

WX03

ダウンロード

最大速度

440Mbps
220Mbps
110Mbps
※エリアによる

440Mbps
220Mbps
110Mbps
※エリアによる

対応エリア

WiMAX2+
au 4G LTE

WiMAX2+

バッテリー

(WiMAX2利用時)

ハイパフォーマンスモード:約390分
ノーマルモード:約540分
バッテリーセーブモード:約630分

ハイパフォーマンスモード:約440分
ノーマルモード:約600分
エコモード:約740分

サイズ

130×53×14.2mm 99×62×13.2mm

重量

140g 110g

特徴

auエリアユーザー向け ヘビーユーザー向け

 

カシモWiMAXから提供される端末は新品ではなく新古品ですので、メーカーによる保証が切れている可能性があります。端末故障時にどの程度まで対応してくれるかは確認しておいた方がいいかもしれません。

新古品とは
新古品は、一度は納入・開封されたものの、何等かの理由(契約破棄など)ですぐに梱包されなおされたり、購入して梱包状態のまま保管していたが、使われることも無く不要品として売却されたりした物などである。まだ一度も使用されていない工業製品では在るが、一度販売されているというやや複雑な事情が絡む。

 

※Wikipediaより引用 (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%89%A9#.E6.96.B0.E5.8F.A4.E5.93.81)

 

 

2、auスマートバリューが使えない

auスマートバリュー

 

WiMAX利用者がauスマートバリューとはauのスマホを持っていたら、auスマホの料金を最大毎月1,000円割り引くサービスです。2年間で最大24,000円の割引きです。

 

カシモWiMAXはこのauスマートバリューの適用対象外のため、auスマホユーザーはコスト面を重視するのであれば、auスマートバリューを適用できる他のプロバイダを利用した方がいいでしょう。auスマートバリューを適用できるプロバイダとキャンペーン一覧表

 

 

3、3年プランが選べない

WiMAXの3年プランは、3年契約の代わりにauエリアの利用料1,005円を3年間無料で使えるプランです。

 

カシモWiMAXの主力端末W04はauエリア対応のため、3年プランが刺さる方は一定数いると思います。ただ、この3年プランは軽い落とし穴があり、auエリアをメインで使う私も3年プランを選ばなかった過去があります。WiMAX 3年契約プランはアリなのか?2年契約と比べたメリットデメリット

 

 

カシモWiMAXの解約方法と解約手数料

 

解約手数料は他のWiMAXと同じで、12ヶ月目までの解約は19,000円、24ヶ月目までの解約は14,000円です。

 

解約方法は、解約したい月の20日19時までにサポートへの連絡です。

 

解約が電話連絡の場合は、電話がつながらない可能性がありますので前日までに解約手続きを済ませるように私はしています。

WiMAXを申し込む前に

provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴

ホーム RSS購読 サイトマップ