このエントリーをはてなブックマークに追加 

カシモWiMAXの評価

更新日:2019年11月29日

 

2017年10月よりEMモバイルがMVNOとなったカシモWiMAXが始まりました。サービス開始から2年近く経過しましたが、料金、キャンペーン内容ともに弱くなったかなと言う印象です。

 

キャンペーンは月額を大幅に割引するキャンペーンを打っていますが、同じ月額割引のBroad WiMAXと比べるとやや料金が高くつく事、auスマートバリューが適用できない事等を考えると、決め手に欠くプロバイダとも言えます。

 

ただし、WiMAXを再契約する際に2度目はキャンペーンが適用されないプロバイダが多いですので、WiMAXの中では安い部類に入るカシモWiMAXは乗り換え先に向いていると思います。2018年までは2年プランもあったのですが、現在は3年契約に一本化されています。

 

 

カシモWiMAXのキャンペーン特典

 

カシモWiMAX

 

キャンペーン特典

  • 月額料金の割引
  • モバイルルーター端末無料(W06、WX05、L02、WiMAXHOME 01、W05)
  • 契約月は月額無料⇒1,380円
  • 初期契約解除が適用できる

 

カシモWiMAXのキャンペーンはキャッシュバックではなく、前述の通り月額割引です。用意されているのは以下の2種類。申し込み時に好きな方を選びます。

  • 新端末プラン:W06、WX05、L02、WiMAX HOME01が利用できる
  • 最安級プラン:W05、L01Sの旧端末プラン

どちらも3年の継続契約が条件で、料金プランは「ギガ放題」と「ライトプラン」の2タイプです。

 

  初期費用 端末到着月 1ヶ月目 2〜24ヶ月目 25〜36ヶ月目 3年間の合計
ギガ放題(新端末プラン) \3,000 \1,380 \1,380 \3,580 \4,079 \137,048
フラットツープラス(新端末プラン) \3,000 \1,380 \1,380 \2,980 \3,379 \114,848
ギガ放題(W05) \3,000 \1,380 \1,380 \3,480 \4,079 \134,748
フラットツープラス(W05) \3,000 \1,380 \1,380 \2,880 \3,379 \112,548


※端末が到着した月は0ヶ月目として3年契約にはカウントせず、3年契約は端末到着の翌月から36ヶ月間。ですので、実際は37ヶ月契約です。

 

0ヶ月目の月額料金は日割り計算ではなく1,380円で固定です。

 

申込みのコツ

カシモWiMAXでは旧端末プラン(W05)を選ぶと、月額が100円安くなります。ただし、3年間利用した際の料金差が3〜4,000円しかありませんので、新端末プランを選んだ方がいいかと思います。ルーターの性能が全然違います。

 

WiMAXは月によってキャンペーン内容が変わる事がありますので、カシモWiMAXの現在のキャンペーン内容等は公式サイトを確認してみて下さい。

 

ボタン

 

カシモWiMAX 利用者の口コミ・アンケート

利用者の口コミ

クラウドソーシングサービスで実際にカシモWiMAXを利用した方の評判を集めました。現在も口コミ評判を集めておりますので、お問い合わせフォームより投稿いただけると助かります。

 

カシモWiMAX LO1

  • 利用端末:Speed Wi-Fi HOME L01S
  • 主な利用場所:福岡県
  • 満足度(10点満点):7点

キャッシュバックキャンペーンだと、受け取るのを忘れることがあるので、月額料金が安いものにしました。

 

回線速度には満足していますが、毎日では無いですが、夜など時間帯によって通信速度が遅い時があります。

 

SNSやWEBで見つかった良い評判と悪い評判

カシモWiMAXは、サービススタートから2年経っていないためかSNSなどの口コミが少ないです。また、Twitterなどは、スパムサイトへの誘導ツイートだらけで評判を見つけるのがかなり難しい状況です。

 

カシモWiMAXの良い評判

カシモWiMAXに寄せられていた良い意見には、

  • 他社プロバイダよりも月額料金が安い
  • 料金体系がシンプルでわかりやすい
  • 追加オプションをつけなくても割引されている

などが多かった印象があります。

 

確かにキャッシュバックのあるプロバイダに比べてお買い得感はないかもしれませんが、面倒な手続きがないのでリスクは低いといえます。契約時に、使う予定のないオプションを追加することがない点も評価されていました。

 

 

 

 

 

 

口コミの大半が料金の安さ、キャンペーン受取の手続きが要らないので楽など、料金やキャンペーン関連でした。速度や、速度(ギガ)制限に関しては、他のプロバイダと大差ないようです。

 

私はWiMAXを6社か7社使いましたが、プロバイダ間での速度の差を感じた事はありません。サポート対応ではGMOとくとくBBが良くなかった印象です。

 

カシモWiMAXの悪い評判

この投稿をInstagramで見る

固定の光Wi-fiからモバイルタイプに変えたところ、一日で容量超えて制限かかる?????? ネットが使えないストレスを初めて味わい、計画している事が何も出来ない状態です。 一番安いので選んだカシモWiMAXでしたが、テレビで動画見る人は一時間のドラマ3本も見たら速度制限かかるのでやめましょう?? 違約金、19000円?税金、事務手数料、二ヶ月分の月会費使って自分がどれくらい一ヶ月にwi-Fi使ってるかの勉強でした。 やっぱ、固定の光がストレスなく使えるなぁ。 しかし、今までのモデム返す時に配線が上手く外せなくてペンチで切れとNTTに言われて、配線切った私は愚か者?? #Wi-Fi地獄#モバイルwifiルーター #カシモwimax #使えない速度制限#メイクモデル募集中 #詳しくはホームページで #お金ね使い道#都城ブライダル #都城ネイル #ブライダルサロン#トータルビューティーサロン#メイクアップスタジオwish #都城#宮崎#九州

makeupstudio/wish(@wish.bridal)がシェアした投稿 -

 

 

 

カシモWiMAXは、契約のシステムに関する疑問が多く寄せられていました。

 

中でも、「違約金の高さ」は多く指摘されていました。19.000円もの違約金を支払わなければならないので、安いように見えて案外高くついてしまうことがあります。

 

しかも、カシモWiMAXは自動更新なので3年後の更新月に解約を忘れてしまうと、次の更新月はさらに3年後になって解約は9,500円の違約金がかかるのです。最安値級プランは端末が古いので、人によっては使い勝手が悪いと感じることがあります。

 

カシモWiMAXを契約するときは、事前に特有の料金や解約のシステムを把握しておきましょう。

 

デメリットや注意点

  • auスマートバリューが使えない
  • 月額料金(利用料金の合計)が安いとはいえない
  • 契約期間が長い(2年契約が終了)
  • 違約金が高額
  • 他のプロバイダと比べてキャンペーンが弱い

 

1、auスマートバリューが使えない

auスマートバリュー

auスマートバリューは、同一契約者がWiMAXとauスマホを同時に所有していたら、auスマホの料金が最大毎月1,000円割引されるサービスのことです。

 

他社プロバイダの多くは適用されますが、カシモWiMAXはauスマートバリューmineの対象外です。

 

カシモWiMAXの場合はauのスマホを持っていても、毎月1,000円の割引を受けられません。つまり、auのスマホを所有している人なら、3年間で36,000円の割引を逃してしまうことになります。

 

auのスマホユーザーはコスト面を重視するのであれば、auスマートバリューが適用されるほかのプロバイダを利用したほうがいいでしょう。どのプロバイダがスマートバリューmineに対応しているのかについては、「auスマートバリューを適用できるプロバイダとキャンペーン一覧表」を参考にしてみてください。

 

auスマートバリューが適用外であることが、カシモWiMAXのデメリットです。

 

「ギガMAX月割」には対応

ただし、UQ mobileのスマホを所有することで毎月のスマホ代が300円割引になる「ギガMAX月割り」には対応しています。

 

ギガマックス割

引用:UQ コミュニケーションズ公式サイト

 

以下は、「ギガMAX月割」の適用条件です。

  • UQ mobileとWiMAXの契約が同一名義であること(法人は対象外)
  • 対象の料金プランに加入していること
  • WEBまたは店舗から「ギガMAX月割」を申し込むこと

 

対象の料金プラン
  • UQ mobile:スマホプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L
  • カシモWiMAX:すべてのプラン

UQ mobileのスマホを所有しているなら、カシモWiMAXをおすすめします。

 

デメリットA:月額料金が安いとはいえない

月額料金、総額ともに他社プロバイダと比べても安くはありません。はじめに、月額料金を比べていきます。

 

カシモWiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
月額料金

1ヶ月目:1,380円
2〜24ヶ月目:3,580円
25〜36ヶ月目:4,079円

1〜24ヶ月目:3,880円 1〜12ヶ月目:3,980円

※他社と同じ条件にするため、カシモWiMAXも最新機種で契約したものとする

 

カシモWiMAXは契約から2ヶ月間は安いのですが、以降は値上がりしてしまいます。しかも、25ヶ月目以降は他社プロバイダよりも月額料金が高額になっていることがわかります。

 

UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXは1〜2年の短期契約なので、月額料金は3年の長期契約のプロバイダと比べて割高なはずです。しかし、2社の月額料金よりも高額になってしまいます。

 

3年間利用時の総額を比較

※契約手数料やキャッシュバックも含んだ総額
※カシモWiMAXは最新機種で契約

 

料金の安さを重視するなら、他社プロバイダを検討したほうがいいでしょう。月額料金が他社より高額であることも、カシモWiMAXのデメリットです。

 

公式サイト記載の「最大62,755円お得!」を分かりやすく解説

以下は、最大割引価格である62,755円の内訳です。

 

  • 端末代金:20,000円相当
  • 月額料金(最安値プランの場合)の割引額:42,755円相当

端末代金は通常約15,000〜20,000円ほどですが、カシモWiMAXは無料だから20,000円の割引としています。さらに、月額42,755円相当の割引の内訳です。

 

経過月 通常料金 割引後の料金 割引額
初月 4,679円 0円 4,679円×1ヶ月
1ヶ月目 4,679円 1,380円 3,299円×1ヶ月
2〜24ヶ月目 4,679円 3,480円 1,199円×23ヶ月
25〜36ヶ月目 4,679円 4,079円 600円×12ヶ月
合計 - - 42,755円

 

※最安級プラン「ギガ放題」の料金

 

他社プロバイダの多くも「端末代金は無料」で「月額料金の割引」も適用されているので、カシモWiMAXだけがお得とは言い切れません。

 

デメリットB:契約期間が長い

カシモWiMAXは2年契約がなくなったため、3年契約しか選べません。同じWiMAXでも、UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXのように「契約期間の短い他社プロバイダ」は存在します。

 

各プロバイダの契約期間
  • カシモWiMAX:3年
  • UQ WiMAX:2年
  • BIGLOBE WiMAX:1年

※UQ WiMAXは自動更新の有無を選択可能

 

UQ WiMAX、BIGLOBE共に端末料金(15,000円と18,000円)がかかりますので、短い契約期間が一概に有利とは言えませんが、契約期間が長いと、以下のようなデメリットがあります。

  • 他社の製品を試したくなっても違約金が足かせになり解約しにくい
  • 端末が古くなるとバッテリー性能が劣化して充電の持ちが悪くなる
  • 契約期間中に最新の端末が発売されても使えない

 

デメリットC:違約金が高額

更新月以外の解約は、違約金が発生します。その違約金の金額も、契約期間の短い他社プロバイダと比べて高額です。

 

カシモWiMAXの違約金
  • 1〜12ヶ月目:19,000円
  • 13〜24ヶ月目:14,000円
  • 25ヶ月目以降:9,500円

対して、BIGLOBEとUQ WiMAXの違約金は1,000円です。その分、UQ WiMAXもBIGLOBE WiMAXも端末代があるので、解約金を端末代として考えると差はありません。

 

ただし、2社は2年で端末代が相殺されますが、カシモWiMAXは高額な違約金が残ります。

 

解約金のイメージ

 

つまり、上記3社で「2年目以降の契約にリスクがある」のはカシモWiMAXだけなのです。違約金が高額であることも、カシモWiMAXのデメリットといえます。

 

解約を忘れると次の更新月は「契約から73ヶ月目」

カシモWiMAXは、自動更新ならではのデメリットもあります。UQ WiMAXのように自動更新のあり/なしを任意で選べればいいのですが、カシモWiMAXは選ぶことができません。

 

つまり、37ヶ月目の契約更新月に解約を忘れてしまうと、次の更新月は72ヶ月目になってしまいます。38〜71ヶ月目の解約は、9,500円の解約金がかかるのです。

 

解約金のイメージ 2

引用:カシモWiMAX

 

更新月の解約を忘れると再び3年の契約が継続されることも、カシモWiMAXのデメリットです。

 

カシモWiMAXを利用する前に知っておきたい注意点

注意点@:問い合わせ先の電話番号はしっかり保管すること

カシモWiMAXは、契約者専用のカスタマーサポートダイヤルを用意していますが、電話番号は最初にルーター端末などと一緒に届く書類に記載があるため、解約手続きなどのためにも大切に保管しておきましょう。

 

理由は、カシモWiMAXの公式サイトにはカスタマーセンターの電話番号の記載がないからです。

 

カシモWiMAXのカスタマーサポート(問い合わせ窓口)
  • 窓口:カシモWiMAX 総合窓口
  • 電話番号:0366930480
  • メール:info@kashimo.com
  • 受付:10:00〜17:00

専用フォームにログインするか問い合わせのメールで確認する必要があります。電話番号がわからなくなってログイン/パスワードを忘れたときは、上記のカスタマーサポートに連絡を取る事ができます。

 

ほかに非公式な方法ではありますが、EMモバイルの代表電話やプレスリリースに記載された番号にかければつながりはします。

 

WiMAXで利用したことはありませんが、仮想通貨取引所などわざと電話番号を非公開にしている会社とコンタクトを取りたい場合に便利な方法です。面倒なことを避けるためには、問い合わせ先の番号をしっかり保管しておきましょう。

 

注意点A:支払いはクレジットカードにしか対応していない

カシモWiMAXは、口座振替などほかの支払いには対応していません。最近は、クレジットカード以外の支払いに対応しているプロバイダは増えています。

 

各プロバイダの支払方法
  • カシモWiMAX:クレジットカード
  • UQ WiMAX:クレジットカード、口座振替
  • BIGLOBE WiMAX:クレジットカード、口座振替

 

プロバイダによってはKDDI請求書払いやドコモ請求書払いにも対応していて、スマホや光回線と一括で支払うことができます。

 

カシモWiMAXの場合はクレジットカードがないと契約できないので、所有していない人は作成しなければなりません。

 

クレジットカード払いに対応していないので、カシモWiMAXを契約するときは注意してください。

 

公式サイトからの入会でセゾンカードの特典が受けられる

 

カシモWiMAX セゾンキャンペーン

引用:カシモWiMAX

 

カシモWiMAXでは、特設ページからセゾンカードを申し込むと特典が受けられます。月1,000円が最大5ヶ月間、セゾンカードの引き落としに設定している口座へ戻ってくるのです。特典を受けるには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 特設ページから入会してカードを発行すること
  • 入会から翌月末までに発行されたセゾンカードでカシモWiMAXの料金を支払うこと

毎月4日(休業日の場合は翌営業日)に、セゾンカード引き落とし指定口座へと支払われます。カードの利用額が1,000円未満の場合は、利用料金との差額が指定口座へ振り込まれます。

 

キャンペーン期間は、2019年8月19日から2020年4月30日までです。クレジットカードを所有していない人は、セゾンカードを検討してみるのも良いでしょう。

 

注意点B:解約は当月20日までに行うこと

カシモWiMAXの解約受付は、当月20日の17時までだからです。

 

20日の17時までの申し込みなら当月末の解約扱いになりますが、20日の17時以降に申し込んだ場合は解約が翌月末になってしまうのです。「今月いっぱいで解約したい」という場合、20日の17時までに申し込みましょう。

 

解約の方法

WiMAXの解約は、カスタマーサポートとマイページから行えます。

 

1、カスタマーサポート
  • 契約者専用のカスタマーサポートへ連絡する(端末類と一緒に届いた書類に記載)
  • 解約したい旨を伝える
  • 指示に従って解約の手続きを進める

 

2、マイページ
  • カシモWiMAXの契約者専用ページ(マイページ)へアクセスする
  • メールアドレスとパスワードを入力してログインする
  • 「契約の解約」から解約手続きを進める

 

カスタマーサポートへの連絡は電話もしくはメールで行うことができるので、電話が込み合って繋がらないときはメールで連絡すると良いでしょう。

 

注意点C:端末の保証を受けるには有料オプションが必要

 

カシモWiMAXは端末の修理などサポートを希望する場合、月額300円の「安心サポート」に加入しておく必要があります。

 

しかし、この安心サポートはWiMAX申し込み時に同時加入しなければならず、途中加入はできないのです。また、auショップでサポートを受けると保証の対象外になってしまいます。

 

カシモWiMAX 安心サポート

引用:カシモWiMAX

 

安心サポートに加入しないと「端末の調子が悪くなった」というとき、見てもらえません。端末の保証を受けるには、有料オプションの加入が必須であることを知っておきましょう。

 

「安心サポートの解約方法」

安心サポートの解約は毎月20日までにカシモサービスセンターへの連絡が必要です。解約は翌月からの適用となり、20日以降の解約依頼は翌々月からの適応となるので注意しましょう。

 

例えばWiMAXの契約更新月に合わせて解約する場合は、契約更新月の前月20日までに解約手続きを済ませる必要があります。

 

カシモWiMAXを利用するメリット

  • 初月の利用が無料
  • 旧端末を選べば少し安くなる
  • キャッシュバックの受け取り忘れがない
  • 端末の発送が早い
  • LTEオプションが無料

 

下記から、詳しく説明していきます。

 

メリット@:初月の利用が無料

WiMAXのプロバイダのほとんどは、初月の契約料は日割計算で清算・請求するケースが多いのですが、カシモWiMAXの「最安値級プラン」なら初月の利用が無料です。

 

実際に他社プロバイダはどうなのか、比較してみます。

  • カシモWiMAX:無料
  • UQ WiMAX:日割分の基本使用料
  • BIGLOBE WiMAX:無料
  • GMOとくとくBB:日割分の基本使用料

UQ WiMAXやGMOとくとくBBは基本使用料を日割計算で請求しますが、カシモWiMAXの最安値級プランやBIGLOBE WiMAXなら無料で利用できます。

 

つまり、カシモWiMAXの最安値級プランの契約を考えているなら、その月のはじめに申し込むほうが一ヶ月分の料金まるごとお得になるのです。

 

メリットA:旧端末を選べば少し安くなる

カシモWiMAXの「最安級プラン」とは、旧端末を選ぶことで料金が安くなるプランのことです。最新機種の約一年前に登場した「W05」という旧式の端末を選べば、初月無料だけでなく2〜24ヶ月目の契約期間は毎月100円安く利用できます。

 

新端末プラン 最安値級プラン
1ヶ月目 1,380円 1,380円
2〜24ヶ月 3,580円 3,480円
25〜36ヶ月目 4,079円 4,079円
合計 ※利用料金のみ 132,668円 130,368円

総額でみると、新端末プランより2,300円安くなっています。ただし、最安値プランには注意点があります。

 

W06とW05では基本性能による大きな差はありませんが、「3年契約のカシモWiMAXを契約する時点で1年古い機種」を持つことになるのです。

 

W06とW05のスペック差
W06 W05
下り最大 1,237Mbps 758Mbps
上り最大 75Mbps 112.5Mbps
連続通信時間 約540分 約540分
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約128×64×11.9mm 約130×55×12.6mm
重量 約125g 約131g

要は、契約から3年目に突入するときには「4年前の機種を所有していること」になります。その頃には、より高性能な機種が発売されているはずですが、乗り換えるには違約金が発生しまうのです。

 

上記を踏まえたうえで、最安値級プランを契約しましょう。

 

メリットB:キャッシュバックの受け取り忘れがない

GMOとくとくBBの最大31,000円もの高額なキャッシュバックは魅力的ですが、申し込み方法は複雑で受け取りまでの期間が長いなど、手続きを忘れるような設計になっています。

 

「契約してから一年後に受け取り」「申し込みは決められた期間に自己申告」という条件が設定されていることから、受け取りを逃してしまう人が多いのです。同時に、迷惑メールの設定によりプロバイダからの案内メールをブロックしてしまい、口座登録ができないようなケースもあります。

 

 

 

プロバイダも、一定数のユーザーがキャッシュバックの手続きを忘れることを事前に計算しています。一説によると、キャッシュバックの受取率は50%を切るプロバイダもあるようです。

 

※受取率は内部資料なので公開されていません。

 

月額割引だと手続き不要でキャンペーン適用

月額割引のキャンペーンなら、申し込んだ段階から自動的に適用されるので手続きは要りません。キャッシュバック型のプロバイダと比べても、3年間使い切った際の料金差は月額300円程度です。

 

キャッシュバックありでの料金
カシモWiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
3年間の総額 135,668円 124,160円 123,800円
月額に換算 約3,768円 約3,448円 約3,438円
カシモWiMAXとの金額差(月額) - ▲320円 ▲330円

※3年契約のキャッシュバック型プロバイダで比較

 

この程度の料金差であれば、筆者はリスクの少ない月額割引タイプをおすすめします。逆に「キャッシュバックを受け取り損ねた場合」の金額は、キャッシュバック金額が大きいほど膨んでしまうからです。

キャッシュバックなしでの料金
カシモWiMAX GMOとくとくBB JP WiMAX
3年間の総額 135,668円 151,360円 134,800円
月額に換算 約3,768円 約4,204円 約3,744円
カシモWiMAXとの金額差(月額) - +440円 ▲24円

この場合の金額差は、対GMOとくとくBBで「月額+440円」にもなってしまいます。

 

ただ、同じ月額割引型を選ぶならBroad WiMAXが最安値ですが、オプションの加入が条件です。3年間利用時の月額差も100円程度しかないので、カシモWiMAXには一定のメリットがあるといえます。

 

3年契約の月額割引型で比較
カシモWiMAX Broad WiMAX So-net WiMAX
3年間の総額 135,668円 131,626円 148,656円
月額に換算 約3,768円 約3,656円 約4,129円
カシモWiMAXとの金額差(月額) - ▲112円 ▲24円

メリットC:端末の発送が早い

カシモWiMAXの端末一式は、申し込み当日から翌日には発送されます。他社プロバイダと比べても、早い対応といえます。

カシモWiMAX UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
契約から発送まで 当日から翌日

最短で当日
※クレジットカード払いのみ

最短で翌日
到着までの期間 1〜2日 最短で2〜3日 通常2日〜1週間

WiMAXのようなモバイル回線を選ぶ以上は早く使いたいのですが、到着が遅いとなかなか使うことができません。しかし、カシモWiMAXなら発送が早いので、すぐに利用することができます。

 

端末の発送が早いことも、カシモWiMAXのメリットです。

 

メリットD:LTEオプションが無料

カシモWiMAXは、1,005円のLTEオプション料が無料になります。3年契約のプロバイダは無料で利用できますが、1〜2年契約のプロバイダは有料です。(使った月だけオプション料が発生する)

  • カシモWiMAX:無料
  • UQ WiMAX:一部だけ無料(※auスマートバリューmine適用で無料)
  • BIGLOBE WiMAX:有料

LTEオプションは「WiMAXの電波が入りにくい」「3日間10GBを超えて1Mbpsに制限されている」といったシーンで使うのが便利です。

 

しかし、7GBの上限があって超えるとWiMAXの電波も制限されてしまうので、利用のしすぎには注意しましょう。LTEオプションの詳細については、こちらの記事を参考にしてください。

 

カシモWiMAXの運営元 会社概要

商号 株式会社MEモバイル(MEmobile Co.,Ltd)
設立 2016年7月27日
資本金 2,000万円
事業内容 MVNO事業
所在地 〒130-0014 東京都墨田区亀沢3-3-14
連絡先 TEL:03-6635-6755 FAX:03-6685-6220
親会社 株式会社マーケットエンタープライズ

カシモWiMAXを運営する「株式会社MEモバイル」はWiMAXのプロバイダとしては新しい会社に入りますが、シンプルでわかりやすい料金プランを打ち立てていることが大きな特徴です。

 

スマートフォンの中古端末と格安SIMを組み合わせて販売するなど、インターネット関連事業を多角的に運営しているので、新しい会社でも多くの実績があります。

 

MEモバイルの親会社である株式会社マーケットエンタープライズは、2004年11月に設立したインターネット通販のネット型リユース事業やリユース関連事業を行っています。

 

初期契約解除について

 

カシモWiMAXには初期契約解除制度が設けられています。WiMAXのエリア内だと思って契約したのに自宅が圏外だった…などの場合、違約金なしで解約可能です(事務手数料3,000円は請求されます)

 

端末が届いてから8日以内に、端末と「初期契約解除申請用紙」を返却窓口まで郵送しましょう。

 

端末と書類は、カシモに到着した日時が受付期間内であることが条件です。8日以内と期間がなかなかシビアなので、地方にお住まいの方は早めに郵送したほうがいいでしょう。不在で受け取れなかった場合も、不在表が投函された日が到着日となるので要注意です!

 

 

下記の内容は2019年1月で終了しております。

2年契約で最新端末が利用できる

 

カシモWiMAXは2年の継続契約が条件です(逆に3年プランの選択肢はない)

 

最近のプロバイダでは3年契約が主流となっており、カシモWiMAXは2年で契約できる数少ないプロバイダとなっています。(0ヶ月目から料金がかかるので、実質は25ヶ月の利用が必須です)

 

W05、L01Sの最新端末です。以前は旧端末×新古品でしたが、現在は最新端末の新品に変わっています。

 

3年契約より2年契約にメリットを感じる人は当然多いですし、WiMAXの端末は長く使っているとバッテリーが劣化しやすくなったり、端末が故障しやすくなったりするため、短い期間で新しい端末に乗り換えられるのは大きなメリットとなります。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ