このエントリーをはてなブックマークに追加 

Nomad SIMの評判 料金・速度

2019年7月にリリースされたばかりのNomadSIM。シンプルなプランや利用者目線のサービスで、早くも話題になっている様です。今回はNomadSIMの料金から、その実態や注意点まで詳しくお伝えしていきます。

 

 

1、Nomad SIMの料金プランと速度

Nomad SIMとは?

 

Nomad SIM

 

Softbank回線を利用した、国内向けデータ通信専用のSIMサービスです。利用する場合は、SIMフリーの携帯電話やタブレット、モバイルWifiなどで利用が可能です。

 

大容量のデータ通信が可能で、シンプルな料金設定が特徴の新しいSIMサービスです。では早速、利用に当たって必要な費用と、月々の料金について見ていきましょう。

 

初期費用と利用料金一覧

Nomad SIMを利用する場合の初期費用は、申し込み時に必要な契約事務手数料として、3,000円(税別)が必要です。また、利用プランは利用するデータ容量に合わせた2種類となっています。公式ホームページを見てもシンプルな表記で、オプションやややこしい料金表示がないのが特徴的です。

 

Basic Plan(税別) Pro Plan(税別)
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 3,600円 4,800円
データ容量(月) 約100GB 約300GB

またキャンペーン等も行わず、表記の値段だけを謳っていますので、利用する際はどちらかを選択するだけとなります。

 

データ容量は100GB、300GBのプランですが、Softbank管理の回線の為、場合によっては決められた容量を少し超えても、利用できる場合がある様です。また、契約期間や解約金も設定されておらず、1ヶ月単位で利用できるのも特徴です。

 

速度と実測値

速度は4GLTE回線となり、下り最大187.5Mbps、上り最大37.5Mbpsまで対応しています。公表されている速度も大切ですが、利用する場合は実測値が大切です。実際の速度はどの位でているのか見てみましょう。

 

通常は、サンプル数の多い速度計測サイト等の情報をお伝えしていますが、リリース直後という事もあり、サンプルがあまりないようです。Twitterの関東ユーザーの方の情報を参考にお伝えします。

 

 

高画質の動画をストリーミングで観る場合で、上り速度が3Mbps〜5Mbps位あれば大丈夫なので、このユーザー環境では十分速度が出ている様です。利用する環境や地域、時間帯等によってもかわりますのでご注意くださいね。

 

Nomad SIMの使い方

申し込みはホームページから行い、契約後、利用先に届いたSIMを挿入することで利用が可能です。

 

データ通信専用SIMなので、通常の通話には対応していません。また、SMSの送信をする場合は別途通信量が必要になります。通話が必要な場合は複数SIMを入れることのできる端末を利用し、通話用SIMと併用すると良いでしょう。

 

また、SIMスロットの付いているノートパソコンでも利用可能です。LTE回線で利用範囲も広い為、外出先でパソコン利用する方も比較的不自由なく利用できる方法です。

 

3、Nomad SIMの良い評判

では実際のユーザーの評判をTwitterから確認してみましょう。リリースしたばかりでツイートも少ないですが、参考までにご紹介します。

 

 

今までの通信専用SIMは1GB〜10GB程度が一般的でしたが、大容量のSIMなので使用頻度の高いユーザーには満足度が高い様です。

 

 

従来のポケットWifi等と違い、LTE回線を利用しているので、鉄筋などの建物や地下でも影響を受けることがほとんどなく、快適に利用できるのもメリットの様ですね。

 

Nomad SIMの悪い評判

次に不満の声もTwitterから確認していきましょう。こちらも参考程度にご覧ください。

 

 

Softbankの一部の帯域を利用しているので、確かに周辺の利用量が増えると遅くなることもありそうです。ユーザーが増えた時にどうなるか気になるところです。

 

 

現在は名義1つにつき1契約の様です。ホームページでは1契約と記載がありますが、問合せも可能の様なので、複数契約は今後対応していくのかもしれませんね。法人名義の契約もできない様なので、注意が必要です。

 

Nomad SIMを利用するメリット

契約期間、解約金がない

通常2、3年契約が一般的ですが、長期間の契約期間がなく、いつ解約しても解約金が不要なのは利用しやすいメリットです。

 

データ通信が大容量で料金がシンプル

一般的な通信用SIMより大容量のプランで、LTE回線のお陰で場所を比較的選ばず利用ができます。また料金プランがシンプルなので、検討の時間や割引キャンペーン探しの煩わしさがないのもメリットでしょう。

 

容量内なら速度制限がない

不法な利用や、異常な容量の回線利用でなければ、契約プラン内であれば速度制限がない事も快適です。3日間で〇〇Gまでといった決まりがないので、自由に利用できます。

 

Nomad SIMを利用するデメリット 

サポート体制がまだ整っていない

ホームページにも注意書きがありますが、リリース直後でサポートが十分対応しきれていない様です。今後の対応を見ていく必要があるでしょう。

 

支払いがクレジットカードのみ

申し込み時の支払い方法はクレジットカードのみで、対応はVisa、Mastercard、アメックスとカード会社も限定されているので注意が必要です。

 

発送が遅くなる場合がある

通常は最短翌日発送ですが、申し込みが増え発送が遅れている様です。サポート体制と合わせて整っていく事が期待されますが、早めの申し込みが安心です。

 

Nomad SIMの解約方法

解約の場合は、ホームページ内、問い合わせフォームから手続きを行えます。

 

SIMの返却等も必要ないので、解約手続きだけで完了です。注意するべき点としては、毎月20日までが当月の解約になるので、20日以降の場合は翌月解約扱いになります。不要な利用料を払うことが無いように、解約する場合は早めの手続きが必要でしょう。

 

Nomad SIMの感想

Nomad SIMの運営者は、通信業界も経験がありブログ等もされている方のようです。ユーザー目線のサービスで、ホームページもすっきり見やすいことも納得できます。しかし、まだリリースされたばかりのサービスで、利用者が増えてきた時のサポートや、通信速度の状態なども今後どうなるのか気になるところです。

 

SIMだけでなくモバイルWifiも含め、LTE回線を利用したサービスも増えて来ていますが、どんどん利用しやすい設計になってきています。それぞれの特徴や注意点をしっかり把握して、お得で快適なネット環境の実現に活用してくださいね。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ