このエントリーをはてなブックマークに追加 

Nomad SIMの評判 料金・速度・メリットやデメリット・解約方法まとめ

 

Nomad SIMは、2019年7月にリリースされたばかりで気になっている人も多いのではないでしょうか。登場したばかりの格安SIMなので、まだまだ情報が少ないですよね。

 

そこで今回は、Nomad SIMの評判や解約方法をはじめ、料金や速度、メリットやデメリットをご紹介します。気になる情報が簡単にわかる内容なので、どうぞ最後までご覧ください。

 

 

Nomad SIMの料金プランと速度

 

Basic Plan(ベーシックプラン) Pro Plan(プロプラン)
契約事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 3,600円 4,800円
データ容量/月 100GB 300GB
解約金 0円 0円
通信回線 Hybrid 4G LTE Hybrid 4G LTE
通信速度 下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps 下り最大187.5Mbps/上り最大37.5Mbps
対応機種 SIMフリー端末 SIMフリー端末

 

※すべて税別価格

 

Nomad SIMの使い方

 

Nomad SIMには、4通りの使い方があります。

  • 1.WiFiルーターとして使用
  • 2.デュアルSIM対応のスマホに使う
  • 3.タブレットで使う
  • 4.ノートパソコンで使う

 

使い方@:WiFiルーターとして使用

 

Nomad SIMは、SIMフリーのモバイルWiFiに挿して使用することができます。

 

SIMフリーのモバイルWiFi端末は、ネット通販などで購入することができます。バリエーションはモバイルタイプだけではないので、自宅だけで利用するときはホームタイプのものを選ぶことも可能です。

 

市販の主なホームタイプのWi-Fiルーター
  • NEC Aterm MR05LN(モバイルタイプ) Amazon
  • 富士ソフト FS030W(モバイルタイプ) Amazon
  • NEC Aterm PA-HT100LN(ホームタイプ) Amazon

 

使い方A:デュアルSIM対応のスマホに使う

 

Nomad SIMは音声通話に対応していないので、デュアルSIM対応のスマホに使うことがおすすめです。「デュアルSIM」とは、1台のスマホにSIMカードを2枚挿せる端末のことです。

 

1枚目のSIMカードは音声通話のある格安SIMにして、2枚目をNomad SIMにすればデータ容量の大きなスマホが完成します。デュアルSIMだけでなく、SIMカードを1枚しか挿せないシングルSIMでも使うことはできます。

 

使い方B:タブレットで使う

 

SIMフリーなら、iPadやAndroidタブレットも利用できます。スマホと同様に、SIMロックがかかっている状態では使用できないので注意が必要です。

 

使い方C:ノートパソコンで使う

 

SIMフリーなら、ノートパソコンでも使うことができます。ノートパソコンはWiFiに接続して利用するイメージが強いですが、Nomad SIMを差し込めばノートパソコンだけでどこでもインターネットに接続できます。

 

Nomad SIMの良い評判

 

「通信速度が速い」という意見がありました。

 

通信量の節約のためにフリーWiFiを頻繁に利用していた人なら、Nomad SIMを利用することで特に速く感じるはずです。(フリーWiFiの通信速度はキャリア3社で平均19.7Mbps、キャリア以外で平均36.3Mbps ※ICT総研調べ)

 

 

格安SIMの弱点といわれる「昼間の時間帯でも快適」という声もありました。

 

 

Nomad SIMに使用されるソフトバンクの電波は「サービスエリア内であっても、トンネル、地下、建物の中、山間部などの電波の弱い場所や境界付近では、ご利用になれない場合があります」と注意しています。

 

しかし、山間部でも場所によっては問題なく電波を受信しています。

 

 

従来の大手キャリアからNomad SIMに変更して、快適になったという意見もありました。データ容量が大きいので、制限がかかりにくいことも関係しているものと思われます。

 

 

Nomad SIMの悪い評判

 

「通信制限があるから利用を中断している」という意見もありました。毎月の通信量が多い人には、100GBや300GBといった上限が設定されているNomad SIMは向いていないといえます。

 

 

時には、通信速度が落ちてしまうこともあるようです。あくまでもソフトバンクの電波なので、接続する場所や条件によっては遅くなることもあります。

 

 

中には、「料金が高い」と感じるユーザーもいました。データ容量に関しては他社の方がもっと大きかったり制限がなかったりするので、人によっては割高に感じるかもしれません。

 

 

Nomad SIMを利用するメリット

  • 1.対応エリアが広い
  • 2.上限までの通信制限がない
  • 3.契約期間の縛りがない

 

下記から、詳しく解説していきます。

 

メリット@:対応エリアが広い

 

郊外にお住まいの人には、Nomad SIMが最適です。ソフトバンクの電波は、900MHz〜2.1GHzの低・中周波数帯域だからです。

 

低周波数帯の電波は「障害物に強い」という特徴があるため、基地局からの電波が山間部で遮られにくいといえます。逆に高周波数帯域の電波は山間部に遮られてしまうことから、エリアが狭くなりがちです。

 

メリットA:上限までの通信制限がない

 

休日に集中してインターネットを利用する人にも、Nomad SIMがぴったりです。3日で10GBなどの制限がなく、上限に達するまでは通信制限にならずに使えるからです。

 

短い期間にネットサーフィンや動画の視聴で、Nomad SIMが提供する100GBや300GBに達するのは難しいといえるでしょう。急に通信制限がかかり、ストレスが溜まるということは少ないといえます。

 

メリットB:契約期間の縛りがない

 

お試し感覚で利用してみたい人にも、Nomad SIMが向いています。Nomad SIMの契約には、他社のような2年間や3年間の「縛り」がないからです。

 

つまり、Nomad SIMの解約には解約金がかからないので、初めて格安SIMを利用する人にも手軽に試すことができます。契約期間の縛りがないことも、Nomad SIMのメリットです。

 

Nomad SIMを利用するデメリット

 

  • 1.音声通話には対応していない
  • 2.支払方法がクレジットカードだけ
  • 3.テザリングについては動作保証とサポートの対象外

 

下記から、詳しく見ていきましょう。

 

デメリット@:音声通話には対応していない

 

通話もインターネットも1枚のSIMカードで済ませたい人には、Nomad SIMは不向きです。

 

格安SIMとして利用する場合、デュアルSIM対応の端末でないと実用性に欠けてしまいます。無料通話アプリもありますが、通話品質は高くないうえ固定電話にかけるときは不便です。

 

デメリットA:支払方法がクレジットカードだけ

 

口座振替での支払いを希望している人には、Nomad SIMは向いていません。クレジットカードのみで、デビットカードやプリベイトカードにも対応していないからです。

 

使えるクレジットカードの種類は、VISA、Master Card、AmericanExpress、JCB、ダイナーズクラブです。

 

メリットB:テザリングについては動作保証とサポートの対象外

 

テザリングでの使用を中心に考えている人は、Nomad SIMを避けた方が無難です。そもそもNomad SIMにはテザリングオプションを用意しておらず、使用するデバイスのテザリング機能を使う必要があるからです。

 

そのため、動作保証やサポートの対象外となってしまいます。ちなみに、各端末のテザリング使用可否は以下のようになっています。

 

  • iOS(iPhone/iPad):使用できない
  • Android:テザリングまたはポーダブルWiFiアクセスポイントの設定で使用可能(機種による)
  • その他の端末:SIMフリーモバイルルーターなら使用可能

 

休止がない

 

Nomad SIMは利用期間の制限がないため、いつでも解約可能です。ただし、一度解約して再度使い始める場合はその都度3,000円の契約手数料がかかります。

 

ですので、海外在住者の一時帰国などスポット的なwifiサービスを必要としている人には向きません。

 

Nomad SIMの解約方法

 

  • 1.Nomad SIMの「ご解約フォーム」にアクセスする
  • 2.必要な事項を入力する
  • 3.「確認画面へ」をタップ
  • 4.確認して問題がなければ送信する

 

「必要な事項」は、以下のとおりです。

  • ご契約者様名義(漢字)
  • ご契約時メールアドレス
  • ご契約時お電話番号
  • 解約月(当月、翌月から選択)

 

筆者の目 Nomad SIMの評判・使い勝手は良い

 

評判については、登場したばかりということもあって悪い評判よりも良い評判が圧倒的に多い印象を受けました。Nomad SIMは使い方のバリエーションも多いので、工夫次第では便利な方法や節約できる方法がみつかるかもしれません。

 

解約手数料がかからない(契約手数料は3,000円)ので、気軽に試す事も出来ます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ