このエントリーをはてなブックマークに追加 

D1(旧U2S)の特徴と口コミ評判

 

テレビCMで注目されるどんなときもWiFiですが、選べる端末はD1(旧名U2S)のみです。このページでは、クラウドSIMを始めとしたD1の特徴や、WiMAXの際新端末のW06とスペックを比較して、実用に耐えうるかを検証してみました。

 

また、D1利用者の口コミも集めていますので、これからどんなときもWiFiの利用を考えている方には1つの参考になるかなと思います。

 

 

D1の最大の特徴 クラウドSIMとは?

 

クラウドSIMの特徴

 

どんなときもWiFiのD1には、「クラウドSIM」が採用されています。クラウドSIMは端末にSIMカードがなく、ネット上のサーバーにあります。

 

そもそもSIMカードとは、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードのことです。このSIMカードによって電話やインターネットが利用できます。ドコモやauなどの大手キャリアと契約したスマホにはSIMカードが差し込まれていますが、クラウドSIMのD1にはSIMカードはありません。

 

また、クラウドSIMはサーバー上に複数のSIMカードがあり、端末の位置や電波状況によって最適なネット回線に接続してデータ通信を行います。

 

どんなときもWiFi「D1」の特徴を紹介

 

  • 1.データ通信量が無制限
  • 2.大手キャリアの3つの電波に対応
  • 3.海外でも問題なく使える

 

下記から、詳細を解説していきます。

 

特徴@:データ通信量が無制限

 

どんなときもWiFiは、月間容量制限や通信制限が設けられていません。

 

他社のモバイルWi-Fiは「月間7GB」、無制限でも「3日で10GB」といった通信制限があります。制限を超えると通信速度が急に落ちてしまうので、インターネットが楽しめなくなってしまいます。

 

どんなときもWiFiには通信制限がないので、サイトや動画の視聴、オンラインゲームを1日中利用する事ができます。しかも、新規契約なら24ヶ月間は「月額3,480円」での利用が可能です。
ただし、違法ダウンロードや不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合には、通信速度が制限される可能性があります。

 

データ通信量が完全に無制限であることが、D1の最大の特徴です。

 

特徴A:大手キャリアの3つの電波に対応

 

クラウドSIM採用のD1は、「今の場所で最適な電波」をクラウド上で選んでくれます。

 

使用場所がソフトバンクよりauの電波が強いとき、自動的にauの電波をつかんでくれます。エリア別に回線を自動で最適化するため、どんな場所でも快適にインターネットが利用できます。

 

特徴B:海外でも問題なく使える

 

D1は、世界107ヶ国の利用に対応しています。多くのモバイルWi-Fiは、空港のカウンターでレンタルしたり契約中のWi-Fiに海外オプションをつけたりする必要があります。

 

D1なら簡単な設定だけで、海外へそのまま持っていって電源をONにすれば使用できるのです。

 

1日10GBの定額制で、保証付きです。料金は、アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米が1,280円/日、中東・南米・アフリカが1,880円/日です。1日1GBのデータ通信量を超えると、384Kbpsの通信速度に制限されてしまいます。どんなときもWiFiを海外で利用するのはあり?海外での利用料金と注意点

 

WiMAXの最新端末W06との比較

 

どんなときもWiFiのD1とWiMAXのW06のスペックは、以下のとおりです。

 

D1 W06
下り最大 150Mbps 1,200Mbps
上り最大 50Mbps 75Mbps
連続通信時間 約12時間 約9時間
同時接続台数 5台 16台
質量 151g 125g
外寸(W×H×W) 127×65.7×14.2mm 128×64×11.9mm
製造元 uCloudlink HUAWEI


通信速度、同時接続台数といった重要な項目は、W06が優れていることがわかります。しかし、バッテリーの性能ではD1が優れていて、連続通信時間ではW06より3時間も長く使うことができます。

 

ここまでは、D1の特徴や性能を解説しましたが、次は実際にD1を使用した人の評判をご紹介します。

 

D1(U2S)利用者からの口コミ評判

 

D1は、発売から現在に至るまで品薄状態が続いているほど人気を博しています。実際に私も7月9日に申し込んで、最短の到着が17日との連絡を受けています。

 

 

 

D1の通信速度については、サイトや動画の閲覧などの使い方なら特に問題はないレベルのようです。

 

 

 

一方で、良くない評判も存在しています。電波に関することがやや多く、ソフトバンクエリアの電波が入らない地域では電波がつながらなくなるといった現象も起きているようです。

 

 

出荷日によって通信ができない個体もあったようですが、現在では解消されています。

 

 

結論:D1はW06と比べても実用に耐えうる性能

 

回線周りに関しては、WiMAXとどんなときもWiFiのサービス内容の問題で端末とは関係ありませんが、WiMAXのW06と比べて通信速度は劣るものの、電波の範囲や使用量についてはD1に軍配が上がります。

 

純粋な端末のスペックとしては、クラウドSIMを搭載したD1がエリアの広さと手間のなさで有利、対するW06は電波の掴みがD1より良いと言われています。

 

肝心な電波の掴みですが、スピードテストサイトの実測値の平均速度を見る限り、D1もW06と大差なく電波を捉えている数字を出しています。どんなときもWiFiとW06の実測値

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ