このエントリーをはてなブックマークに追加 

ギガトラWiFiの料金と評判 利用するメリット・デメリット

ギガトラWi-Fiは、情報を集めようにも2019年4月からサービスを開始したばかりで、ほとんどみつからないですよね。

 

そこで今回は、ギガトラWiFiの料金と評判、利用するメリット・デメリットをご紹介します。できるだけ有益な情報を掲載しましたので、ぜひWiFi選びの参考にしてください。

 

 

ギガトラWiFiの料金プランと速度

ギガトラWi-Fi

 

料金体系はSIMのみ契約するプランルータとSIMを同時に契約するプランに分かれます。

 

さらにそれぞれ毎月払いと、指定の月数を一括して払う(前払いする)方法があります。もちろん一括払いの方が料金は安くなりますが、途中で解約した場合でも返金はされません。

 

料金プラン

おまとめ期間 なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
ルーターセット 一括 3,800円 11,100円 21,600円 42,000円 82,250円
実質月額料金 3,800円 3,700円 3,600円 3,500円 3,290円
SIMのみ 一括 3,700円 10,800円 21,000円 40,800円 74,750円
実質月額料金 3,700円 3,600円 3,500円 3,400円 2,990円

通信速度

  • 下り最大:150〜612Mbps
  • 上り最大:13〜50Mbps

 

端末のスペック

FS030WMB1 602HW
製造元 富士ソフト Huawei
インターフェース USB2.0 USB3.0
サイズ(高さ×幅×厚さ) 74.0×74.0×17.3mm 109.9×65.1×15.5mm
重さ 約128g 約135g
通信速度 下り最大:150Mbps 下り最大:612Mbps
上り最大:50Mbps 上り最大:13Mbps
連続通信時間 約20時間 約8.5時間
同時接続台数 15台 14台
WiFi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac EEE802.11a/b/g/n/ac

ギガトラWiFiの特徴

  • 全額返金保証がつく
  • クーポンコードが使える

下記から、順番に見ていきましょう。

 

特徴@:全額返金とその条件

ギガトラWiFiは、新規ユーザー向けに全額返金保証を行っています。以下は、全額返金に必要な条件です。

  • 発送日から3週間以内に返却、返却時の追跡番号を連絡
  • ギガトラWiFiの利用が初めてであること
  • クーポンを利用しての申し込みであること

ただし、2つの注意点があります。

  • 返却には「返却処理手数料」の1,000円が発生する
  • オプション補償の「ギガトラバリア」の併用はできない

なお、クーポンコードについては次で詳しく説明します。

 

特徴A:クーポンコードについて

ギガトラWiFiのクーポンコードは、申し込みページにあります。公式サイトのTOP画面にはクーポンコードが記載されていないため、注意が必要です。

 

クーポンコードの入手方法

TOP画面の「まずはお試し」を選択後、「料金シミュレーション」のクーポンコード入力蘭の下にある「クーポンコードがない方はこちら」という文字を選択してください。すると、クーポンコードが自動的に入力されます。

 

ギガトラWi-Fi クーポンコード

引用:ギガトラWiFi

 

申し込むときは、必ずクーポンコードを入力してから次の手続き画面へ進みましましょう。

 

4. ギガトラWiFiの良い評判

 

 

 

ギガトラWiFiの良い評判で多かったのは、「通信速度が速い」「返金サポートがある」「ソフトバンク回線だからつながりやすい」といった内容です。

 

特に返金サポートにおいてはギガトラWiFi特有のサービスで他社でもほとんど実施していないので、ギガトラWiFiが気になっている人は手軽にお試ししてみましょう。

 

人口カバー率99%のソフトバンクの電波を利用しているため、ギガトラWiFiは「通信速度が速くてつながりやすい」という特徴も持っています。

 

ギガトラWiFiの悪い評判

 

 

 

ギガトラWiFiの悪い評判は比較的少なかったのですが、「通信量」に集中していました。

 

通信量が多いと制限がかかってしまうので遅くなったり、100GBに達する前に制限がかかってしまったりすることもあったようです。

 

制限がかかってしまうと128Kbpsまで低速化してしまうので、毎月の通信量が多い人にとっては使い勝手が悪かったのでしょう。

 

ギガトラWiFiを利用するメリット

  • 通信速度が速い
  • 好きな期間だけ使える
  • 短期間の通信制限がない
  • 違約金が無料
  • 対応エリアが広い
  • 長期間のお試しができる
  • 発送が早い

下記から、詳しく見ていきましょう。

 

メリット@:通信速度が速い

ギガトラWiFiは、実測値では55.68Mbpsです。他社のWiFiサービスと比べても速い部類に入ります。

ギガトラWiFi WiMAX どんなときもWiFi
下り平均 55.68Mbps 44.73Mbps 23.55Mbps
上り平均 14.7Mbps 4.8Mbps 11.85Mbps

※「みんなのネット回線速度」のデータを引用
※WiMAXはW06、どんなときもWiFiはU2sで比較

 

ギガトラWiFiは、下り/上りともに他社よりも速いことがわかります。通信速度が速いと、動画の視聴や投稿、ゲーム、メールの送受信、SNSの閲覧や投稿などがスムーズに行えます。

 

「通信速度の速さを重視したい」という人には、ギガトラWiFiがおすすめです。通信速度が速いことが、ギガトラWiFiの大きなメリットのひとつといえます。

 

メリットA:好きな期間だけ使える

ギガトラWiFiは、5種類の期間から選べるからです。

おまとめ期間 なし 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 25ヶ月
ルーターセット 実質月額料金 3,800円 3,700円 3,600円 3,500円 3,290円

しかも、「おまとめ期間」が終了後は実質月額料金で支払っていくことができます。例えば、ルーターセットのおまとめ期間12ヶ月なら、13ヶ月目以降は月額3,500円を契約終了まで毎月3,500円にできます。

 

自分が好きな期間を選べて契約終了後も同じ料金で継続できるので、「契約期間を決めていない」という人にはギガトラWiFiをおすすめします。好きな期間だけ使えることも、ギガトラWiFiのメリットです。

 

メリットB:短期間の通信制限がない

ギガトラWiFiには、3日10GBのような制限はありません。

 

WiMAXやワイモバイルといった他社の通信サービスは、短期間の通信制限を設けていることがほとんどです。

 

短期間の通信制限
  • ギガトラWiFi:なし
  • UQ WiMAX:3日10GB
  • ワイモバイル:3日10GB

ただし、「大量の通信を利用するユーザーには通信速度の制限を実施する場合がある」ということです。おおむね100〜200GBまでは、快適な速度でインターネットを利用することができます。

 

「すぐに制限がかかるのは困る」という人は、ギガトラWiFiのように短期間の制限がないWiFiサービスを選ぶようにしましょう。短期間の通信制限がないことも、ギガトラWiFiのメリットです。

 

メリットC:違約金が無料

レンタル型のWiFiサービスであるギガトラWiFiは、違約金は必要ありません。

 

他社のWiFiサービスの中には、レンタルWiFiであっても期間内の解約で違約金が発生してしまうものもあります。

ギガトラWiFi ネクストモバイル Hi-ho GoGo WiFi
契約期間 0〜2年 ※選択可能 2年 2年
違約金 なし

0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目以降:9,500円

0〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:9,500円
26ヶ月目以降:9,500円

解約金があると中途解約に多額の費用がかかるため、他社への乗り換えは困難になってしまいます。「ずっと使い続けるかわからない」という人は、違約金のないWiFiサービスを選びましょう。

 

違約金が無料であることも、ギガトラWiFiのメリットです。

 

メリットD:対応エリアが広い

ギガトラWiFiは、ソフトバンクの電波を使用しているからです。大手キャリアの電波は基地局が多いうえに幅広い周波数帯域を利用しているため、WiMAXやワイモバイルよりも対応エリアが広いのです。

 

WiMAXとソフトバンクのエリア比較

※引用:ソフトバンク、WiMAX

 

たとえばWiMAXの基地局の数は63,500局ですが、ソフトバンクは約2倍の126,500局もあります。周波数帯域もWiMAXの2.4GHz/5.0GHz帯に対して、ソフトバンクは700〜3.5GHz帯です。

 

エリアが広いので、山間部でも電波が届きやすい傾向にあります。「光回線を引けない」「WiMAXは電波が入らない」という人には、ギガトラWiFiがおすすめです。

 

メリットE:長期間のお試しができる

ギガトラWiFiは、はじめてのユーザー対象で契約から3週間以内なら全額が返金されます。

 

他社WiFiサービスも同様に「初期契約解除」が適用されることで返金・返却はできますが、返却期間は8日間である場合がほとんどです。

※初期契約解除:クーリングオフのような制度(詳細は「WiMAXのクーリングオフ(初期契約解除制度)の利用方法と注意点」の記事を参照)

 

無料での返却が可能な期限
  • ギガトラWiFi:21日間
  • ネクストモバイル:8日以内
  • Hi-ho GoGo WiFi:8日以内

初期契約解除は「受取日から数えて8日以内に返送」する必要があるため、実際のお試し期間は1週間しかありません。しかし、ギガトラWiFiなら3倍も長くお試しすることが可能です。
※他社の中には「発送から8日以内」と定めているWiFiサービスもある

 

「長くお試しで使ってみたい」という人には、長期の返金保証がついたWiFiサービスをおすすめします。長期間のお試しができることも、ギガトラWiFiのメリットです。

 

メリットF:発送が早い

ギガトラWiFiの端末発送は、最短で「申し込み当日中」です。ただし、あくまでも3営業日以内の発送のため、休日である土日祝の発送には対応していません。

 

ほとんどは「最短即日」に対応していますが、中には対応していないWiFiサービスもあります。

 

発送日
  • ギガトラWiFi:最短即日
  • 縛りなしWiFi:最短翌日
  • STAR WiFi:3営業日以内

 

端末が届くまでインターネットが利用できなくても、ギガトラWiFiならすぐに使えるようになります。「すぐに届けてほしい」という人には、ギガトラWiFiのようなWiFiサービスがおすすめです。

 

ギガトラWiFiを利用するデメリット

  • 安い料金で使うには「まとまったお金」が必要
  • SIMのみ料金プランは他社より使いにくい
  • 契約事務手数料がやや高い
  • 補償オプション料が高い
  • 制限後の速度が遅い
  • 支払いはクレジットカード決済のみ

下記から、順に見ていきましょう。

 

デメリット@:安い料金で使うには「まとまったお金」が必要

ギガトラWiFiを格安価格で利用しようと思えば、25ヶ月のおまとめ期間を契約しなければなりません。つまり、契約時に25ヶ月分の利用料金を一括払いする必要があります。

 

しかも、契約事務手数料や消費税、オプション料も加算されてしまうことから、クーポンを使ったとしても10万円近くもの費用がかかってしまうのです。

 

ギガトラWi-Fi 1活払いの料金

引用:ギガトラWiFi

 

つまり、まとまったお金がなければ長期の契約を希望していても「おまとめ割」が適用されないため、クーポン以外の割引はありません。

 

「初期費用をおさえたい」という人は、「おまとめ期間なし」で契約するか他社のWiFiサービスを検討しましょう。低料金で使うにはまとまったお金が必要なことが、ギガトラWiFiのデメリットです。

 

「縛りあり」ならもっと安いWiFiサービスもある

ギガトラWiFiの最安値は、25ヶ月のおまとめ期間の実質月額料金3,290円です。十分に安いのですが、サービス内容が近くてギガトラWiFiより安いWiFiサービスはあります。

 

ギガトラWiFi ネクストモバイル それがだいじWiFi
月額料金 3,290円 3,100円 3,180円
契約期間 2年 2年 3年
違約金 なし 9,500〜19,000円 一律9,500円

ただし、上記の2社は解約時は違約金がかかってしまうので、あくまでも長期の契約を前提として「初期費用をおさえたい」という人におすすめです。

 

解約時のリスクをおさえるなら、ギガトラWiFiのような違約金なしのWiFiサービスを選びましょう。

 

デメリットA:SIMのみ料金プランは他社より使いにくい

上記の「一括払い」は、大きな負担になってしまうからです。

 

たとえば、SIMのみプランのある一部の他社WiFiサービスなら「ギガトラWiFiの25ヶ月の実質月額料金と同じ金額」で利用することができます。

  • ギガトラWiFi:2,990円
  • Chat WiFi:2,980円
  • ハッピーWi-Fi:2,980円(300GB)

※ギガトラWiFiは25ヶ月契約の実質月額料金

 

つまり、Chat WiFiやハッピーWi-FiのSIMのみプランなら多額の初期費用を支払わずに低価格で利用できるのです。「SIMカードだけを利用したい」という人は、他社WiFiサービスをおすすめします。

 

SIMのみ料金プランが他社より使いにくいことも、ギガトラWiFiのデメリットです。

 

デメリットB:契約事務手数料がやや高い

ギガトラWiFiの契約事務手数料は、3,800円です。以前の8,000円(発行登録料3,000円を合算)から大きく値下げしたとはいえ、他社WiFiサービスの契約事務手数料と比べるとやや高額であることがわかります。

 

契約事務手数料
  • ギガトラWiFi:3,800円
  • ネクストモバイル:3,000円
  • Hi-ho GoGo WiFi:3,000円

わずか800円の差ですが、たとえば1ヶ月だけレンタルしたい場合などは高いと感じるでしょう。

 

「初期費用をおさえたい」という人は、他社との800円の価格差は気にしないか手数料のかからないWiFiサービスを利用することをおすすめします。

 

契約事務手数料がやや高いことも、ギガトラWiFiのデメリットです。

 

デメリットC:補償オプション料が高い

ギガトラWiFiの「ギガトラバリア」という補償オプションは、月額600円です。他社の補償オプションと比べると、高額であることがわかります。

 

他社の補償オプション費用
  • ギガトラWiFi:月額600円
  • ネクストモバイル:月額300円
  • どんなときもWiFi:月額400円

しかも、SIMカードは補償範囲外のためSIMのみ料金プランでは補償が受けられないほか、ウイルスセキュリティとともに初月の加入は必須です。

 

※ウイルスセキュリティ:月額500円、初月のみ無料

 

「補償に加入するつもりだけど高い」という人は、FS030Wをネットなどで購入してSIMだけプランにするか、補償オプションの安い他社WiFiサービスを検討しましょう。

FS030Wの価格

引用:Amazon

 

補償オプションが高額であることも、ギガトラWiFiのデメリットです。

 

デメリットD:制限後の速度が遅い

ギガトラWiFiは、制限されると128Kbpsまで低速化してしまいます。WiMAXやワイモバイルといった、他社の通信サービスの制限後の速度と比べて遅いといえます。

 

制限後の速度
  • ギガトラWiFi:128Kbps
  • WiMAX:1Mbps
  • ワイモバイル:1Mbps

WiMAXやワイモバイルは制限がかかっても、標準画質の動画なら問題なく視聴できます。しかし、ギガトラWiFiは制限がかかると、WEBページの閲覧にもストレスがかかるレベルで時間がかかります。

 

1Mbps 128Kbps
メール/LINEの送信
WEBページの閲覧 ×
SNSの閲覧 ×
IP電話アプリ ×
動画の視聴(通常画質) ×

「データ通信量が月100〜200GBを超えることがある」という人は、クラウドSIM搭載の他社WiFiサービスを検討するといいでしょう。

 

デメリットE:支払いはクレジットカード決済のみ

ギガトラWiFiは、口座振替に対応していません。クレジットカード決済にしか対応していないWiFiサービスも多いですが、一部では口座振替に対応しています。

 

支払方法
  • ギガトラWiFi:クレジットカード
  • ネクストモバイル:クレジットカード・口座振替
  • どんなときもWiFi:クレジットカード・口座振替

つまり、ギガトラWiFiはクレジットカードがないと申し込めないので、所有していない人はカードを作成する必要があるのです。ちなみに、クレジットカード作成には2週間前後の期間を有します。

 

「早くモバイルWiFiを持ちたい」「事情があってクレジットカードは作成できない」という人は、口座振替に対応したWiFiサービスを探さなければなりません。

 

クレジットカード決済にしか対応していないことも、ギガトラWiFiのデメリットです。

 

ギガトラWiFiの解約方法と解約手数料

解約方法

  • ギガトラWiFiのお問い合わせフォームから解約の旨を伝える
  • ギガトラWiFiからの指示に従って解約手続きを進める
  • 端末一式を用意して指定の住所まで返送する

 

注意点

  • 電話での受付には対応していない
  • 21日の解除までに間に合わなければ翌月分の料金が発生してしまう
  • 返送する端末一式は月末日までの必着

 

解約手数料

なし

 

ギガトラWiFiの運営会社

ギガトラWiFiは、「株式会社GLANZ」が運営しています。

 

会社概要

  • 住所:東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿ビル4階
  • 設立日:2018年5月24日
  • 従業員数:4名
  • 電話:03-6883-7222 ※電話対応は行っていない

「株式会社GLANZ」の主な事業はモバイルWiFiルーターレンタルで、ギガトラWiFi以外に「KING WiFi」なども運営しています。

 

ギガトラWi-Fiの評価 利用に向いている人

今回は、ギガトラWiFiの料金と評判、利用するメリット・デメリットをご紹介しました。

 

以下は、ギガトラWiFiがおすすめの人です。

  • 利用する期間を選びたい人
  • 短期間の通信制限にひっかかりたくない人
  • 解約時の違約金が高いと思う人
  • 山間部でモバイルWiFiを使うことがある人
  • お試しでモバイルWiFiを使ってみたい人
  • 契約後すぐにインターネットを利用したい人

ギガトラWiFiは期間を選べて違約金がかからないことが大きな魅力です。デメリットも踏まえたうえで合っていると判断したなら、ぜひ検討してみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴
TOPへ