WiMAXはポート開放できる?ポート開放の説明や設定の手順を公開

WiMAXはポート開放できる?ポート開放の説明や設定の手順を公開

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXはポート開放できる?

 

WiMAXの契約を検討しているものの、ポートの開放ができるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。どういった方法で設定できて、どんな場面で役に立つのか知りたいですよね。

 

そこで当記事では、WiMAXがポート開放できるのかご紹介すると同時に、ポート開放の説明や設定の手順を公開していきます。

 

ポート開放とは?

 

ポート開放の正式名称は、「ポート転送設定」といいます。「ポート」を簡単に説明すると、データの送受信を行うための通り道のようなものです。

 

通常、インターネットを接続するときはセキュリティ強化のために、ポートに制限をかけて外部からの不正なアクセスを遮断する「ポートフィルタリング機能」を用いています。このポートフィルタリング機能によって、一部のネット対戦ゲームのようなサービスが利用できない状態になってしまいます。

 

ポートフィルタリング機能の一部を解除して、これらのサービスが利用できる状態にすることを「ポート開放」と呼びます。

 

WiMAXなら、W06、W05、WX05、L02などすべての機種がポート開放に対応しています。では、WiMAXでポート開放を行うためにはどのような手順を踏む必要があるのか、次で詳しく解説します。

 

WiMAXでポート開放を設定する方法

 

手順は、以下のとおりです。

  • 1.グローバルIPアドレスオプションを契約する
  • 2.WiMAXルーターの管理画面にログインする
  • 3.ローカルIPアドレスを固定する
  • 4.APN情報を変更する

 

下記から、順に解説していきます。

 

1. グローバルIPアドレスオプションを契約する

 

ポート開放を行うためには、グローバルIPアドレスオプションに加入する必要があるからです。

 

月額は96円(税別)で、1ヶ月単位で必要なときだけ契約することが可能です。ただし、月の途中で1度でもグローバルIPアドレスを使用して接続した場合は、1ヶ月分の月額利用料が発生します。

 

WiMAXには「プライベートIPアドレス」が割り当てられています。このプライベートIPアドレスでは、いくらポート開放を設定してもポート開放ができないので注意が必要です。まずは、グローバルIPアドレスオプションに加入しましょう。

 

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違い

 

全者のグローバルIPアドレスは、インターネットで通信する際に必要なIPアドレスです。

 

インターネットに接続された通信機器やサーバーは、世界中でグローバルIPアドレスが割り振られています。しかし、世界的なインターネットの普及により喝采していて、節約が必要な状況になりました
これにより誕生したのが、プライベートIPアドレスです。

 

WiMAXでは、2015年3月下旬以降はすべての機器にプライベートIPアドレスを割り振るようになったのです。プライベートIPアドレスは、企業や自宅、学校といったローカルネットワーク内だけで使われる専用のIPアドレスのことで、インターネットに接続することはできません。

 

プライベートIPアドレスを割り振られた機器をインターネット接続するためには、ルーターのNAT・NAPTという技術を使ってグローバルIPアドレスと紐づけする必要があります。

 

グローバルIPアドレスは翌日の午前2時から使える

 

サービス加入が完了した翌日の午前2時から利用できます。ただし、グローバルIPアドレスオプションによる接続が月をまたいでしまった場合は、前後の月で96円が発生するので注意が必要です。

 

グローバルIPアドレスの解約方法

 

ルーター本体の「設定」から「プロファイル選択」で「Internet」を選択して「レ」をタップします。※Huawei製「W06」での設定

 

これだけで、グローバルIPアドレスオプションを使用しない状態に再設定できます。

 

2. WiMAXルーターの管理画面にログインする

 

ルーター本体の裏に印字されている「IMEIコード」の下5ケタを控えておきます。パソコンなどを、WiMAXでインターネット接続します。ブラウザを起動してURL欄に「http://192.168.100.1」と入力します。
WiMAX機器設定ツールのログイン画面が表示されるので、ユーザー名に「admin」、パスワードに「IMEIコードの下5ケタ」を入力してログインします。なお、初めてのログイン時はパスワード変更画面が表示されます。

 

3. ローカルIPアドレスを固定する

 

ログインできれば、ポート開放したい端末のIPアドレスを固定します。

  設定内容
IPアドレス 192.168.100.50
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.100.1
優先DNS 192.168.100.1

 

4. APN情報を変更する

 

WiMAXルーターのAPN情報を、以下の内容へと変更します。

  設定内容
プロファイル名 Global
APN Wx2.uqwimax.jp
ユーザー名 global@wx2.uqwimax.jp
パスワード 0
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

 

グローバルIPアドレスが割り当てられて、ポート開放が設定されます。

 

WiMAXでポート開放が必要なケース

  • オンラインゲームの利用時にポート開放の設定が必要なとき
  • ファイル交換ソフトの利用でポート開放が必要なとき
  • 会社や学校のパソコンに外部から接続するとき
  • IP制限がある掲示板を利用するとき

 

上記のようなケースでは、ポート開放の設定が必要になります。

 

WiMAXでポート開放できない原因や対処法

 

WiMAXルーターでポート開放ができない原因は、おおむね以下のとおりです。

  • グローバルIPアドレスオプションの契約ができていない
  • ローカルIPアドレスを固定していない
  • パソコンのファイアーウォールの設定ができていない
  • WiMAXルーターのプロファイルの設定が変更されていない
  • 無線LANと有線LANの両方を接続している
  • フィルターを使っている
  • インターネットオプションでProxyの設定がされている
  • IPフィルターの設定がされている
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを申し込む前に


provider

WiMAXは申し込むプロバイダによってキャンペーン特典や月額利用料などに差が出ます。

WiMAXのプロバイダの選ぶポイントやキャンペーン特典やそれぞれの特徴をまとめましたので、申し込む前にチェックして自分の使い方にいちばん合うプロバイダを探す参考にしてください。

kusikiWiMAXプロバイダ別 キャンペーン特典と特徴

ホーム RSS購読 サイトマップ