このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXの解約方法と注意点、お得な解約方法

 

お得に利用できるようになったWiMAXですが、解約の際も違約金を支払う事なくスムーズに解約したいものです。今回はWiMAXの解約方法や注意点だけでなく、違約金を支払ってもお得になる解約方法まで、詳しくご紹介していきます。

 

 

解約の際に気をつけたいこと

  • 更新月と違約金の確認
  • 解約後の利用と支払いについて確認
  • 機器返却必要な場合は、準備する

 

更新月と違約金の確認

WiMAX利用の場合は、プロバイダによって2年又は3年の契約期間が設定されています。契約期間内に解約した場合は、設定された違約金を支払う必要があるので注意が必要です。一般的には、1年以内は19,000円・2年以内は14,000円・3年以内解約は9,500円ですが、サービスによって異なりますので必ず確認しておきましょう。

 

違約金を支払いたくない場合は、更新月での解約であれば違約金は掛かりません。更新月は2年目、3年目の契約月が一般的ですが、利用月のカウント方法もプロバイダによって異なりますので、WEBで確認するか電話で更新月を確認しておくことをお勧めします。

 

解約後の利用と支払いについて確認

WiMAXを解約した場合は、日割りでの支払いにならず、月ごとの支払いが必要になるケースが一般的です。

 

乗り換える場合は特に、乗換えの間の通信手段が必要ですので、いつまで利用できて、費用はどの部分まで必要なのかを確認しておくとスムーズでしょう。

 

機器返却必要な場合は、準備する

WiMAXのプロバイダや契約によっては、端末の返却が必要になる場合もあります。返却に必要な端末や周辺機器等が足りない場合は、追加で負担金を支払う必要のあるケースもありますので、返却が必要なら準備しておくと安心です。

 

また、返却が遅れた場合にも追加費用が必要なプロバイダもあるので、解約時又は解約前に機器返却の流れを確認しておくと便利です。多くの場合は返送用の箱が送付され、端末を梱包して送り返す場合がほとんどですので、比較的簡単に機器返却を進めることができます。

 

確認事項が整ったら、契約プロバイダと解約手続きを進めていきましょう。

 

主要プロバイダの解約方法、問い合わせ先

解約の受付方法や手順は、WiMAXプロバイダによって様々です。ここからは、契約しているプロバイダとの手続きになります。主要なプロバイダの解約に必要な情報と、手続き方法をまとめていますので、活用しながら解約を進めて下さい。

 

解約の際には、解約受付の締め日にも注意が必要です。各プロバイダごとに締め日も異なりますので、不要な利用料を支払わない為にも、確認の上手続きすると良いでしょう。

 

UQWiMAX

  • 問合せ先0120-929-818
  • 受付時間9:00〜21:00(年中無休)
  • 更新月/解約締切日37ヶ月/月末
  • 公式HPhttps://www.uqwimax.jp/?_ga=2.57095983.44540579.1568774700-733860112.1568442896
  • 解約方法書面の郵送か電話にて解約

 

BroadWiMAX

  • 問合せ先0120-001-827
  • 受付時間11:00〜18:00 (年末年始を除く月〜土)
  • 更新月/解約締切日37ヶ月/25日
  • 公式HPhttps://support.broad-isp.jp/wimax/
  • 解約方法サポートセンターへ電話にて解約

 

Sonet

  • 問合せ先0120‐117‐268
  • 受付時間9:00〜21:00(年中無休)
  • 更新月/解約締切日37ヶ月/月末
  • 公式HPhttps://www.so-net.ne.jp/access/mobile/wimax2/
  • 解約方法基本的には公式WEBから解約

 

GMOとくとくBB

  • 問合せ先03-5456-1090
  • 受付時間10:00〜19:00(平日のみ)
  • 更新月/解約締切日37ヶ月/20日
  • 公式HPhttps://gmobb.jp/support/
  • 解約方法基本はWEB又は電話。更新月はWEBにて解約

 

以上が、WiMAXの主要プロバイダの解約方法です。ご紹介したプロバイダ以外の解約については、公式ホームページかお電話にて問い合わせると手続きがスムーズです。この後の内容も確認して頂きながら、手続きを進めてみて下さいね。

 

初期契約解除制度とは?

多くのWiMAXプロバイダには、一般商品におけるクーリングオフ制度のような、「初期契約解除制度」が用意されています。基本的な概要としては、「端末を受け取った日」又は「契約内容確認書類を受領した日」いずれかの内、遅い日から8日以内の解約であれば、月額や違約金、端末代金等の支払いの必要が無くなる制度です。

 

初期契約解除制度に関しても、プロバイダによって免除範囲や手続きの流れが異なりますので、利用する際は十分に確認してから進める必要があります。ちなみに、多くのプロバイダでは契約事務手数料約3,000円の返金はありません。自分で負担する必要があるので覚えておいてくださいね。

 

基本手順としては、8日以内に解約申し込みをして、送られてくる書面と端末を返送すると手続きが行われます。利用してみたものの、通信に不具合が出る環境だった場合や、想定したサポートやサービスに満たない場合は、早めに活用したい制度です。WiMAXのクーリングオフ(初期契約解除制度)の利用方法と注意点

 

 

3年契約の自動更新だけど、途中解約してもそう高くはつかない理由

WiMAXプロバイダの多くは3年の契約期間を設定するようになり、その代わり、月額金額を大幅に下げたり、キャッシュバック金額を大きくする流れにあります。これは競争が激しくなってきたWiMAXサービスで、ユーザーの囲い込みをする為だと考えられます。ハイスピードエリアモード(月1,000円)を無料で利用できるプロバイダが多いのも、その為でしょう。

 

ユーザーとしては、3年契約の場合は3年は利用しないといけないと感じますが、違う視点から見てみましょう。3年以内の解約の場合、ネックになるのは解約金と思いがちですが、加入時のキャッシュバックが高い金額なら、すでに相殺されているも同然といえます。

 

WiMAXサービスは2年目までは月額が安く、3年目から月額が上がる設定が多い為、違約金は相殺されているという視点で見れば、月額が安く設定されている期間だけ利用し(3年目に入ってすぐ)解約するのも方法の1つです。3年目の違約金は9,500円に下がる場合が多いので、違約金以上のキャッシュバックを受けている場合は、3年目に入った時点での解約が一番お得とも言えます。

 

また解約後、違うWiMAXサービスに乗り換える場合なら、乗換えキャンペーンとして違約金や契約事務手数料を、ユーザーの代わりに負担してくれるプロバイダも増えてきています。約2万円〜2万5千円程度負担するプロバイダもあるので、多くの場合乗換えキャンペーンを利用すれば、違約金の負担の心配は無いのが現状です。

 

とは言え、プロバイダのキャンペーンは時期によって大きく変わることも多い為、違約金を支払う事も視野に入れながら、月額金額が安く、加入時キャッシュバック額の大きいプロバイダを選ぶと良いでしょう。そして解約の時期が来たら、乗換えキャンペーンを探すという方法が、一番お得な利用方法と言えそうです。

 

まとめ

現在のWiMAXは、プロバイダ間の価格やサービスの競争も激しく、ユーザーとしてはとても利用しやすくなってきました。キャッシュバックを利用してお得に乗り換える方法などは、以前の携帯サービスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

今後もお得な利用方法や乗換え方法があれば、どんどんお伝えしていきます。しかし、ユーザーとしてはプロバイダ側の利益も守りながら利用することが、サービス向上にも繋がるのかもしれませんね。

 

お得に利用してきたサービスの解約手続きをスムーズに勧められるよう、注意事項もしっかり確認して頂いてお役立て下さいね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
TOPへ